取り扱い石の種類と価格最新10件のリスト

  1. 国産墓石の産地偽装や製造偽装にご注意下さい
  2. お墓の石 よい石とは?
  3. 天然石の宿命です
  4. 国産墓石 四国産 庵治石 細目
  5. 国産墓石 九州産 唐原石
  6. 国産墓石 九州産 天山石
  7. 国産墓石 四国産 大島石
  8. 国産墓石 四国産 庵治石 中目
  9. 国産墓石 四国産 青木石
  10. 国産墓石 四国産 北木石

取り扱い石の種類と価格リスト概要

最近、中国のいろいろな偽装問題がニュースになっていますが、お墓に使われている石も例外ではありません

中国のAG98を国産の大島石と販売したり

中国のK12を九州産天山石と販売したり

という話しは、以前からちょくちょく聞いていました

これを防ぐには、石の産地証明書です

採掘している山の証明書なら、まずその石は本物と思います

しかし、最近見かけるのは、一部偽装です

お墓全体は天山石なのに、前置きの香炉の部分だけがK12と言う例や、中国石なのですが、蓮台部分が別の石というのも見かけました

蓮台が別の石

これは、素人さんには見分けがつきません

信頼できる石屋を探すしかないですが、値引きをたくさんしたり、他社よりはなれて易い場合は心配です

次に見分けがつきにくいのが、製造偽装です

最近では、中国加工が、あまり良くないと言う事をお客さまが、インターネットや実際にお墓を色々見られて調べたりして勉強していることを逆手にとって

国内加工ですとか、自社加工ですなどと、嘘を言って販売している石屋が多々います(自社加工は、証明書などがなく嘘をついたとしてもばれにくい)

市営墓地で、禁止されているのに営業活動をしている石屋に多く見られます

禁止されているのを分かって営業をしているのです 売れればなんでも良いというスタイルですのですので、分からないからと言って、詐欺ですね

見分けるポイントを大将が説明します

先ずは、国内加工の証明書があれば、まず問題ありません

お墓や展示場で見分けるポイントを大将が写真で解説!

ぎんなん面加工

ぎんなん面加工です お墓の角の部分がモコモコと加工してあります 国内加工ですと面玉飛び出るぐらいの価格になり庵治石やよほど贅沢に予算を使える場合で無いとしません

香炉の内部まで磨いてある

香炉の内部までが、磨いてピカピカになっている 内部までは国内では磨くことはしません

花立てのツバ

花立てのツバが石で作ってあり、内部まで磨いてある

石の湯飲み

石の湯飲みが、内部までピカピカに磨いてある

上記の加工のお墓が、通常価格であって、1つあれば、中国加工と疑われる 4つとも当てはまったら、それは間違いなく中国加工でしょう!

お墓の展示常や、施工したお墓を見せてもらって、この写真のポイントをチェックしてみて下さい

それでも、国内加工や自社加工というのなら怪しい石屋です

そんな詐欺まがいの石屋に騙されないように、注意して下さい

それでも分からないときには、大将に相談して下さい

追記 大将が石材卸商社や材料屋に自社加工について、聞いてみました

①石屋の材料屋(砥石やダイヤの刃の卸会社)
大きな原石からお墓全部の自社加工は、産地意外でそんな店あったかなー?

②石材卸商社(原石や製造したお墓の卸会社)
石の産地岡崎でも、とても少なくなってきています
産地意外では、原石を取って、お墓を自社加工をするところしりません
外柵基礎石を自社で、磨き作っているのは、高木さん他数社しか知りません

お墓の石についてです

職人から見れば、展示常にある石は全部違って見えるのですが、ほとんどのお客さまは、
分からないどの石が良いのか分からない!と言われる方が、おおくみられます

吸水率・硬さ・石目・艶・粘りなどいろんな項目がありますが

一番簡単な見分け方を教えます

注目 その石の実績です

良い石であるほど、しっかりとした歴史があります

お墓って最低30年代々続いているお墓なら100年超えていることなど珍しくありません

最近では、中国などからいろんな石が入ってきますが、どれも近年採掘された物が多くあります

一例を挙げますと、10年ぐらい前に韓国で採掘される栄州石がありました

なかなか良い石だと言うことで、日本のいろんな石屋さんがこぞって使いました

今はどうでしょう?

現在では、新しく建立されるお墓で栄州石は、ほとんど見られなくなりました

理由は、色々あるのですが、まだ使っている石屋さんもあると思いますので控えます

国産石でも同じようなことが合ったと思いますが、長い時間の中で悪い石は使わなくなり良い石は現在でも銘石と石の説明して採掘しています

採って数年の石など、この先10年20年とどうなるかは分かりません!

お客さまが、簡単に良い石かどうかを見分けるには

石屋さんに、この石は何年ぐらい前からお墓に使われていますか?と聞いてみてください

ほとんどの場合で良い石はしっかりとした歴史があります

長い間使われている石には良い理由があります

高木石材では、展示常や石目ガイドブックに分かりやすく載せてあります

来店の時には、もつと詳しく説明させていただきます

大将の仕事日記に お墓の石のトラブル例が載せてあります

お墓を建ててからでは遅いので、少しでも、お客さまの参考になればと思います

理想を言えば均一で、白スミ・黒スミ・若干の色むらなどが全くない石が理想です
しかし、相手は天然の石です
全く、白スミ・黒スミ・若干の色むら などが無いと言う事は、ありません

写真にあるような範囲なら、通常少なからず入ってきますのでご了承下さい
(人間で言うとホクロやシミのような物です)
唐原石 唐原石の白スミ 唐原石の色むら
    国産唐原石           白スミ         黒スミ・石むら

当店では、できるだけ石の白スミ・黒スミ・石むらなどを排除して墓石を努力していますが、
どうしても若干混入してしまいます
混入が無いと言う事は、ありませんので、ご了承下さい

注意
この白スミ・黒スミ・若干の石むらから石が欠けたり割れたりする事は、全くございません

全く無しをご注文場合は、納期 1年・価格は2倍程度からお受けしています
納期は目安なので、延びる場合もあります

他の石の白スミ・黒スミ・若干の色むら の紹介

国産墓石 庵治石細目

特徴と注意点

  • 墓石の石としては最高品質です
  • 色が濃いめでとても艶がよい硬度もある
  • とても固い
  • 唯一の欠点で錆が出る場合がある(錆が出た場合は交換します)
  • 良い石を厳選するために注文を受けてから半年ぐらい待っていただく事があります
  • 良い原石を取るのに、捨てる部分が非常に多く高価な価格になってしまう
  • 当店では原石産地の産地保証書 庵治細目産地品質証明書が必ず着いています(無い物は偽物かも?)
    (クリックで拡大します)

備考

  • 庵治石の特徴はきめ細かい地肌。石英・長石・雲母などの結晶が小さくその粒子の目で
    細目(こまめ)・中細目(ちゅうこまめ)・中目(中目)などに分類されます
  • 特に細目は小さな黒雲母の数が多く、(ふ) が浮くと言って、磨けば石の表面が幻想的な
    二重かすり模様を見せる
  • 磨くほど艶が出ること、他の石に比べ硬いなど花崗岩の特質について庵治石は優れている
  • 関西や四国地方の古い墓地にとても素晴らしい墓石があります
  • 最近では、極端に細かい石目より若干粗い方が良い石とされています
価格 八寸標準墓石価格お支払い総額 220万円~400万円 石の等級・質を選べます
senRb.jpg

唐原石

特徴と注意点

色が濃いめでとても艶がよい

硬度もある少し赤みがあるとても固い石

目が若干荒い
黒点・白点など少し大きめに入る場合がある

唐原石のお墓の施工例

備考

当店一番人気! 平成17年から当社人気 No.1
高木石材の大女将のお気に入りの石です岐阜地区では扱っている店がとても少ないです
金華山山頂 題目塚に建立した石ですコストパフォーマンスがとてもよい石です

国産石 九州産 天山石

特徴と注意点

青い石材で非常に硬く(大島石より硬い石)水を吸いにくい石です
石目が個性的で好き嫌いが分かれる

七山みかげ富士みかげを天山と販売されている石材店もあるので注意が必要
(色が薄かったり石目が粗かったりする)

天山石は、天山石材・田中石材から産出する石が、ほんとうの天山石です
当社は田中石材の天山石

目が若干荒い
石の流れの目が入る

天山石のお墓の施工例

備考

水の吸いにくさなら国産No1! 
九州の佐賀県で採れる石ですが岐阜地区でも見かけるようになってきました
石目が好みに合えば品質は良いものなのでおすすめです!

価格 八寸標準墓石価格お支払い総額 85万円senRb.jpg

大島石

特徴と注意点

日本の銘石で石の硬度・吸水率などどれをとっても文句なし一番ですまれにキズが出る場合がある

非常に固い!

2級品など品質の悪い物は錆にも注意!

備考

最近中国加工の大島が増え品質が悪い物が出回っているのでご注意下さい

産地の品質保証書の確認が必要です

こだわりのお客さんはほとんど大島石指名です

大島石のお墓の施工例

長期安定品質 No1 

石に関するクレームは今まであった事がない 優秀な石です一番安心して購入していただける石です

  1. 国産大島石の価格について 石材店によって価格が大きく違うのはなぜ?

価格八寸標準墓石価格お支払い総額 105万円 senRb.jpg

庵治石中目

特徴と注意点

大島石と並んで、日本の銘石です、とても粘りのある石で何年たっても磨きが良い優れものです

固い上に粘りもあります
まれに錆が出る場合がある

備考

元岐阜県知事上松陽助さん(当店建立)の墓石など著名人が多く使用しています。
大島石とともに日本の銘石です
有名な占い師 細○数○さんの墓石はこの石です
高木石材の大将が一番好きな石です

ここがポイント

庵治石の良いところは、何年経っても石が綺麗です
年数がたつほど石の善し悪しが出てきます
大将が庵治石が一番好きな理由は石目とこの耐久性です
実際に墓石リフォームした例 昭和63年建立の庵治石のリフォーム作業をご覧ください

価格 八寸標準墓石価格お支払い総額 120万円senRb.jpg

平成26年12月 大将が知っている中で最高の石目の庵治中目が採れています

庵治石中目を考えているのなら、今がチャンスです

愛知県名古屋市市営八事霊園墓地で、純国産墓石庵治石のお墓建立

青木石

特徴と注意点


庵治石に似ているが若干柔らかい
色が黒口と白口があり黒口の方が上質
水が上がりやすい
が出る場合がある

備考

黒口が安定して入るようになりました 平成14年の当店売り上げNo1です

価格 八寸標準墓石お支払い総額 75万円
よい原石が手に入らないため取扱を一時停止しています
senRb.jpg