愛知県一宮市地域墓地で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室工事

愛知県一宮市地域墓地で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室工事

コテで仕上げて基礎コンクリートの完了

前回までの工事で、基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで外柵基礎石を組みました

実寸を書いています

墓所が斜めなので、それに合わせて作ることになりました

このような場合には、実寸を書いて、それに合わせて石を切っていきます

実寸に石を合わせます

実際に切った石を実寸に合わせて、間違いがないか確かめます 目地もありますので、その分を正確に取って並べます

御影石納骨室も入るように切断

一枚石の御影石納骨室も入るように、切断します 金具の部分はカッターで、えぐって干渉しないようにえぐっています

工場で、事前に接着

出来上がった、外柵基礎石を工場で事前に接着しています

小型クレーンを使って施工しています

小型クレーンを使って施工して、慎重に墓所に下ろします

この先、お客様と話しながら施工していましたら、写真を撮るのを忘れてしまいました

外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室工事

一枚石の御影石納骨室と墓誌の補強石を組んで、周りをコンクリートでかためて、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室工事の完了です

コンクリート養成のため全面シートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください