岐南町徳田西霊園124番で四ツ石工事

岐南町徳田西霊園124番で四ツ石工事をしました

足助御影の外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室

前回までの工事で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と御影石納骨室を組みましたので、その上に、耐震接着剤を使って四ツ石を組みしまた

工場で接着して組みました

今回の四ツ石は、工場で事前に耐震接着剤を使って組んであります

当然、ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けました

小型クレーンで組みます

小型クレーンが使える墓地でので、接着した四ツ石もクレーンを使って慎重に組みます

しっかり固まった接着剤は、このように吊ってもびくともしません

底面の目地も入れられます

全部を接着して組むと、通常の組み方では絶対にできない底面の目地も吊り上げてしっかり入れられます

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

仮組みをして、それから免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして慎重に組みます

目地も耐震接着剤

目地も耐震接着剤を使って仕上げます

四ツ石工事の完成です

クレーンの使えるところ限定ですが、四ツ石を接着して組む事ができると、普段できないところまで、目地が入れられたり、とても精度が高く組む事ができます

これから、できるだけこのような接着方式で組んで行きたいと思います

事前に組んであるので、そのままお墓も組んでも問題ないと思いますが、とりあえず動かさずに固まるのを待ってお墓を組みます

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください