お墓は取り替えても、文字は残せます

お墓は取り替えても、文字は残せます

お墓を建て替える決断をされるときに、なかなか決断が着かない理由をお聞きすると、お参りしていたお墓の文字が、とても愛着があるので、仏石(文字の彫ってある石)だけでも残せないかと相談を受けます

そのような時に、残せるような石の状態であれは、それを磨き直しなどしてリフォームをして建立しますが、大きさが大きく異なったり、石がボロボロで使えなかったりした時に、文字を残すことを提案しています

古いお墓の文字

できるだけ、正確に文字を写すために、取り外した時に真上から撮影します

パソコンで編集

拓本を取って、パソコンで輪郭をできるだけ細かくトレースします

そのままトレースしただけでは、文字を彫ると違ってしまいますので、彫った時に同じようになるように大将が彫った完成をイメージして写真を見ながら、レースをもう一度修正します

古い文字を写して新しいお墓に彫った物

写真を見ながら、彫って太いところは深く、細いところは浅めに文字に先人の心を感じて彫ります

このように、古いお墓の文字を、そのまま写し彫って新しいお墓に彫ることによって、先人の建立墓石の文字と心が新しいお墓にも、いきて行く事になります

このような、写真から文字を作って彫っても、特別料金はいただいていません

お気軽に相談して下さい

 

お気軽にお問い合わせください。
電話 058-251-5433 受付時間 9:00-18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です