岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、お墓の本体設置

岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、お墓の本体設置しました

お墓の下段

前回までの工事で、お墓の下段を組みましたので、お墓の本体を設置しました

事前に工場で接着

事前に工場で接着してあります
ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けて固定

大きいので、いつもより養生時間を長めに取って接着剤の完全硬化を待ってから作業に入りました

斜めカットの拝石

前の拝石は、お墓の掛かる部分を考慮して、斜めにカットして、二枚の合わさる部分は残してカットしています

拝石から組みました

先ずは、斜めにカットした拝石から組みました

御影石納骨室

下段の中に、御影石納骨室を設置して、隙間にコンクリートを流し込んで、固定しました

御影石納骨室

基礎コンクリートを四角に抜いてあるので、そのまま納骨室使えないことはないのですが、納骨する所はコンクリートより石の方が絶対良いと思いますので、御影石納骨室を作っています

お墓の本体

次に、接着してあるお墓の本体部分の施行しました

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

本体内部

本体内部はこのような感じになっています

上葢

上蓋は一枚石で、大きいので、慎重に吊り上げて、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

周りを仕上げて、お墓本体の設置完了

周りを仕上げて、お墓本体の設置完了です

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください