岐阜市市営上加納墓地な区で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石

岐阜市市営上加納墓地な区で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石を組みました

小手で押さえて仕上げます

前回までの工事で、基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで外柵基礎石を組みました

工場で研磨作業

工場で、研磨機を使ってピカピカに磨きます

石の合わせ面は、磨きを削ります

御影石納骨室と外柵基礎石の兼用になりますので、外柵基礎石の内側も磨いてあります

横石や補強の石が、合わさる面は、磨きを削ります

合わせ面を削りました

磨き面を削って、接着剤がより強力に着くようにしています

耐震接着剤で接着

耐震接着剤で接着しています

内側の石は、ステンレス金具が干渉しないように、凹ましています

工場で完全接着

工場で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と補強石を完全に接着します

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付け

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けました

ここで、さっきの凹加工がしてあるので、金具に干渉すること無く取り着けられます

小型クレーンを使って施工

接着してありますので、とても手では、動かせませんので、小型クレーンを使って組みます

岡崎産の足助御影の外柵基礎石

水平と、位置が決まりましたら、周りの仕上げをします

狭い隙間にも、しっかり目地が入っています

隣との間は、2cm程度です

通常の一本ずつ組んで行くやり方ですと、この隙間に目地を入れる事はできませんが、工場で組んでありますので、狭い所の目地もしっかり入れてあります

岡崎産の足助御影の外柵基礎石

周りを仕上げて、岡崎産の足助御影の外柵基礎石工事の完了です

まだまだ、寒い日がありますので、凍害予防とコンクリート養成のためシートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください