岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、純国産浮金石のデザイン墓石建立

岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、純国産浮金石のデザイン墓石建立しました

工事前純国産浮金石

スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

周りを仕上げて、お墓本体の設置完了

前回までの工事で、お墓の本体を設置しましたので、その上に、地震対策施工を仏石を組みました

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

台石を、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

鏡面仕上げの部分を、削って接着力を上げるのは、当社の標準施工です

仏石を吊り上げます

トラッククレーンで、仏石を吊り上げます

吊り上げの帯は、今回の汚れた帯を使うとすれて黒石はキズが着く可能性がありますので、浮金石専用の新品同様に保管してある帯を使用しています

また、拝石も磨きの黒石ですので、土などのついた靴で行き来をするとキズの原因になりますので、全面に絨毯をひいて保護しながら行っています

黒石は、少しでも注意を怠ると簡単にキズが着いてしまいますので、工場に置いておくときも運搬の時にも施工の時にも全て毛布などで養生しています

前置台には蓮を彫りました

前置台には、立体的に蓮を彫りました

黒石は、とても硬い石で、特にこのような細かい蓮を彫るには通常の数倍の時間が掛かりますが、彫ったときの格好良さは抜群です

物置も浮金石

物置も浮金石で作っています

観音開きなので、特に締めるときには、優しく扱っていただく事が必要になります

砂利も、お客様こだわりの磨き玉砂利で、お墓全部が黒一色です

純国産浮金石のお墓完成

外柵基礎石も黒石で、インパラブルーと言う世界の銘石で、通常はお墓の本体に使われるような銘石です

黒の中に青い点が浮く美しい石です

お墓本体・墓誌・物置石は、日本を代表する黒石で、浮金石です

浮金石は、黒の中に散りばめられた金粉が表面に浮いて見える。とても美しい石で、福島県で採れる貴重な国産黒みかげの最高峰の銘石です

このような、銘石でお墓を建立させていただけ、とても誇らしく思います

特に、浮金石は磨きにもこだわり、純国産の砥石研磨しあげで全てを仕上げています

通常のバフ研磨は、最終工程でバフを掛けて熱を加えて石を光らせていますが、砥石研磨は、砥石をどんどん細かくすることで、熱を加えることなく鏡面仕上げを作りだしテいます

そのため、石の表面がよりなめらかで、熱を加えないことから鏡面仕上げの耐久性も上がり一石二鳥の効果があります

しかしながら、とても手間が掛かり技術も必要で、浮金石を職人の魂をこめて磨いているといえます

日本の職人が丹精こめて作った 素晴らしい浮金石のデザイン墓石が完成しまた

岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、純国産浮金石のデザイン墓石建立過程は大将の仕事日記をご覧下さい

  1. 岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、純国産浮金石のデザイン墓石建立工事開始 基礎コンクリート
  2. 岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、外柵基礎石工事
  3. 岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、お墓の下段工事
  4. 岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地北区で、お墓の本体設置

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる