岐阜市市営穴釜墓地82番で、純国産天山石のデザイン墓石建立

純国産天山石のデザイン墓石

岐阜市市営穴釜墓地82番で、純国産天山石のデザイン墓石建立しました

岡崎産の足助御影の外柵基礎石

前回までの工事で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と御影石納骨室を組みましたので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

ヒートガンで乾かします

冬は、結露と下で石が濡れていますので、ガスヒーターでまわりの温度を上げてから、ヒートガンで濡れている部分をしっかり乾かします
接着剤には、水は大敵です
水が少しでも着いていると、接着剤がつかなくなり、せっかくの地震対策施工も意味がなくなってしまいますので、完全に乾くまでしっかり乾かしてから施工をします

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をしてお墓を組みました

一枚石の四ツ石

当社のデザイン墓石の四ツ石は、大きな一枚石を使っています
その利点は、なんと言っても丈夫!
もう一つは、御影石納骨室をとても大きく取ることが出来ます
和型のように四ツ石ですと、四つの石が御影石納骨室に乗らないと行けませんので、納骨室は、一枚石のくり抜きの大きさしか取ることができません(20cm×30cmぐらいです)
しかし、一枚石で作る事によって、お墓の幅いっぱいの御影石納骨室を作る事ができ、蓋の役割も兼ねた一枚石の四ツ石を組む事によりとても大きな(60cm×40cmぐらい)の御影石納骨室を作る事ができます

御影石納骨室
当社 御影石納骨室
コンクリート
コンクリートの納骨室

コンクリートマス石も丈夫ですが、当社は御影石を使って納骨室を作りますので、より丈夫で一枚石の四ツ石を蓋にすることにより大きく取ることができる事がになりますまた
石の上に接着剤を使って、しっかり組むことにより、とても丈夫な施工になります

小型クレーン

特に、デザイン墓石は大きく重いので、小型クレーンを使って施工をしていますので、安全に確実に施工ができます

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

お墓は全て、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をしています
デザイン墓石は横長の場合が多いので、接着剤を塗る面積もタップリ取ることが出来ます
接着剤をたっぷり塗って、お墓を支える柱を作ります

菖蒲見本

お客様の希望で、菖蒲の花を彫りました
このように、新しいデザインの花などは全て、見本を作成して、お客様に見本を見ていただきます
この彫り方で、OKをいただいてから実際に彫ります
特に、デザイン墓石の場合には、当社まで来ていただき実際のお墓に実寸をプリントした物を貼り付けて位置や寸法などをお客様と打ち合わせをして彫ります
当社のお墓は、お客とともに作って行くお墓です

菖蒲
菖蒲の立体的彫り

実際に、お墓に彫った菖蒲の花です
白ペンキなどを入れなくても綺麗に見えるように彫っています
やり過ぎないように、立体的にも彫っているので、花弁が浮いている感じも出ていると思います

鶴の家紋
鶴の家紋

お墓の文字や、家紋に白ペンキを入れないのは、ペンキなので必ず剥がれて汚くなります
その都度に塗り替えれば良いのですが、なかなかまめにできません

鶴の家紋も、とても細かく難しい家紋です
細かい部分もしっかりと彫って、白ペンキに頼らず綺麗に見えるように彫っています
白ペンキに頼らず綺麗に見えるように彫れば、塗り直しの必要もなくなると思い大将は、手間と時間が掛かってもしっかり見えるように、深く綺麗に彫っています

特許取得の換気システム

御影石納骨室が大きいですが、特許取得の換気システムにより、御影石納骨室の中かが湿気がたまりにくくなります
湿気がたまらないので、結露がなく大切なお骨にカビ・ヌルヌルの菌・虫などが発生しにくくなり、ずっと良い環境でお骨をお守りすることができます

純国産天山石のデザイン墓石

日本の職人が丹精こめて作った 素晴らしい純国産天山石のデザイン墓石が完成しました
岡崎産の足助御影の外柵基礎石は、おそらくもう最後です 大将が自社工場で丹精こめて作った物です
足助石と、天山石との組み合わせは、一番ベストなマッチングでどちらの石も良く見える良い組み合わせだと思います
もう、このベストな組み合わせができないのがとても残念です

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

純国産天山石のデザイン墓石

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる