日本の職人の磨きと中国の磨きの違い

当社の使用している外柵基礎石は、基本的には岡崎産の足助御影の外柵基礎石を使用しています

しかし、岡崎産の足助御影の石目が嫌いな方や、予算をおさえたいという方には、中国石も使用しています

中国石は磨いても磨いて無くても同じ価格で購入出来ますので、磨いてた物を購入することが多いのですが、この磨きが問題で、結局全て磨き直しをしています

真っ直ぐに切れていません

個々の石が真っ直ぐに切れてないので、2本を合わせるとこのように高さの違いができます

これは、長い石の中央部分の写真ですが、両端は同じ高さでそろっています

両端は同じ高さ

と言う事は、手前の石が凹んでいます

これだけ違うと、外柵基礎石を水平に組むときに水平器を置いてもとても正確な水平には、なりません

磨きも悪いので、研磨機で段差を削って平らにして再研磨することになります

研磨機で再研磨

長い石を平らに削って、再研磨をしてやり直します

中国で研磨した状態

中国で研磨した状態 蛍光灯の映り込みにブツブツが見られます

当社で研磨した中国石

蛍光灯の映り込みの反射が強くなって 光っているのがわかります

写真ではとても分かりにくい、触って見るのが一番なのですが、それはホームページでは無理ですので他の方法を考えました

赤鉛筆です

中国加工で磨いた面は、赤鉛筆で線が書けます

当社で磨いた面は赤鉛筆では線を書くことができません

動画を撮りましたのでご覧下さい

はじめに書いた横面が当社で研磨した面

上面が中国で磨いてきた面です

ちゃんと石を磨いている石屋なら知っていることですが、しっかり磨いた面には鉛筆では文字が書けません

お客さまには、分からないところなのですが、この磨きの差が磨きの耐久性の差になりますので、こんなぐらいでいいかなんて仕事はできません

手間が、掛かっても磨き直しをしています

お気軽にお問い合わせください。
電話 058-251-5433 受付時間 9:00-18:00

One thought on “日本の職人の磨きと中国の磨きの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です