岐阜市真性寺墓地で、お墓リフォーム工事完了

岐阜市真性寺墓地で、お墓リフォーム工事完了しました

[twenty20 img1=”16808″ img2=”16969″ offset=”0.5″]

スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

お墓回収

前回お墓を回収しまして、工場でリフォーム加工をして、完了しましたので、お墓を組み直します

隙間に生えた南天を抜き取りました

隙間に生えた南天を抜き取りました

かなり大きくなっていましたので、鉄筋で作ったノミを使ってなんとか抜けました

木が生えてきましたらできるだけ小さいうちに、取ってください大きくなると、外柵基礎石が外れてしまう事があります

赤土を取り除きました

雑草がたくさん生えていましたので、その部分の土を深めに取り除きました

御影石納骨室の中に洗い砂をひきました

小型クレーンを使ってお墓を組みます

前回同様に、道が狭く運搬車が通ることができませんので、小型クレーンを使ってお墓を組みます

この小型クレーンはカニのように足を出して施工ができます

通称カニクレーンと呼ばれます、この足がカニの足に似ていることから言われます

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をしています

お墓を組んだあとに、外柵基礎石の苔掃除をします

[twenty20 img1=”16967″ img2=”16968″ offset=”0.5″]

外柵基礎石の苔掃除前と苔掃除後 スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

納骨穴切削加工をしました

昔の二段型は納骨穴がありませんので、納骨をするときも、花立て・香炉・拝石全部を外してようやく納骨ができるようになります

それは、とても大変なので、台石に納骨穴切削加工をしました

香炉を外すだけで、納骨ができるようになりました

[twenty20 img1=”16971″ img2=”16972″ offset=”0.5″]

前置きのリフォーム前と後 スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

前置きには、特許換気口システムの加工がしてありますので、御影石納骨室の中の湿気が自然に抜けやすくなります

お墓の磨き直し

お墓の台石は、再研磨をして磨き直しています

掃除ではなく、再研磨ですので新品のお墓のようにピカピカです

石も、天下の銘石 庵治石ですので、一枚削るだけで気持ち良い輝きが復活します

このような、銘石のリフォームは、やっていてもとても気持ち良いです

お墓リフォーム完了

竿石も取り替えて、正面に南無阿弥陀佛を彫りました

以前は、法名が正面に彫ってありましたので、夫婦2名しか彫ることができませんが、竿石を取り替えて、横に法名を彫る事ができるようになり、たくさんの法名が彫れるようになりました

地蔵様の台石は新しく作り直しました

砂利は、雑草が生えにくくと生えても取りやすくするために、通常の倍ぐらいの深さで入れてあります

大将が丹精こめて、リフォームした 銘石 庵治石のお墓が完成しました

岐阜市真性寺墓地での、お墓リフォーム工事内容

  • お墓の竿石の取り替え
  • 地震対策施工でお墓を組み直し
  • お墓の台石の磨き直し
  • お墓の白ペンキ塗り直し
  • 前置きの部品をロウソク線香立てステンレスプレートに交換
  • 外柵基礎石と御影石納骨室の苔掃除
  • 赤土から玉砂利に変更
  • 地蔵様の台石の取り替え

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください