お墓を建てる時には管理人さんに立ち会ってもらいましょう

綺麗に整備されている墓地なら、お墓の場所の大きさでもめ事が起こる事はありません
しかし、岐阜地方ではまだまだ村墓地で区画整理など全くされていない墓地が多々あります

そのような 村墓地でお墓を建てる時には、行っていただきたい事

  1. 墓地の管理人さんに立ち会っていただく
  2. 隣地(左右と前後)の墓地の人に了解を得る
    管理人さん立ち会いと同じ日に来ていただのが一番よいです
  3. 石屋も立ち会わせる

当たり前の事ですが、このようにして墓地を測量してお墓を建てれば、まず問題は起きません

このような立ち会いをしなかったり石屋が勝手に大きさを決めて建立したりする例が多く見られます

こんな事をしたら隣地の人と必ずもめ事が起こり

お墓参りに行くたびに嫌な思いをしてしまいます

大将は、お客様に気持ちよくお墓参りをしていただくために、
管理人さん隣地の人に了解を得てから工事に入ります

下の写真の他店施工例のように
(墓地に行った時に管理人さんに、どうすればいいのだろうと相談を受けた例です)
管理人さんに声を掛けず勝手に作った 後藤石材  管理人さんに声を掛けず勝手に作った 後藤石材

隣地に管理人さんに了解を得ず勝手に場所を決めて作ってしまったので、お参りする場所もなく
むりやり凸凹斜めに墓石を施工してしまった例です

こんな施工をしてお客様が気持ちよくお参りできると思いません

たとえお客様がやれ!
と言われてもこのような仕事はできません

お墓参りに来られる方全てが気持ちよくお参りができるように、それが、大将のお墓づくりの思いです

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる