岐阜市洞の地域墓地でお墓の解体撤去工事 お墓しまいと東鏡島墓地で狭所用墓誌の設置

岐阜市洞の地域墓地でお墓の解体撤去工事 お墓しまいをしました

なぜか、重なるときは、たくさん重なる物で、今週はお墓しまい週間でした

工事前

このお墓を解体撤去します

移転をできるよいのですが、東鏡島墓地は墓所が狭いために、移転はできませんので、法名を墓誌に刻んでお骨を東鏡島墓地に納め直します

土を取ります

幸いクレーンがとどきましたので、クレーンを使ってお墓を解体しました

墓所が広いため中の土もたくさん回収する事になります

ブロックの囲いを壊しながら土を回収しました

中に古いコンクリート

この前の解体のときもそうだったように、囲いの中に、古いコンクリートが入っています

リフォームの時に、古いコンクリートをそのままにして、囲いをされたようです

あまり感心しませんが、ずるい石屋さんなどがやられていると、よくあることです

全部回収しました 撤去後

全部回収して、土をならして解体撤去工事の完了です

東鏡島墓地の墓誌

前もって、東鏡島墓地の墓誌を新しく作った墓誌に、撤去したお墓の法名を刻みました

狭所用墓誌

狭所用の特別設計の墓誌です

狭い場所に設置しても安定するように、下駄の部分を一枚の大きな石で作って倒れにくくしています

一番狭くて18cm程度の隙間があれば、通常サイズの墓誌板が設置できます

今回は、その幅もなかったので、補強石を後ろに組んで、狭所用墓誌を設置しました

これで、お墓しまいの完了です

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください