岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地東区画で徳風会墓石のお墓リフォーム

岐阜市鏡島弘法乙津寺墓地東区画で徳風会墓石のお墓リフォーム 納骨を出来るようにしました

工事前 次 徳風会のお墓リフォーム

前回までの工事で、御影石納骨室を組んでありますので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

御影石納骨室 免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

御影石納骨室の上に、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をしています

竿石を取り替えて南無阿弥陀佛を彫りました 拝石を外して納骨します

徳風会のお墓は、土の上に直接建立されていて、納骨の時はお墓の周りを掘って納骨する形式になっています

土を掘って納骨しますので、納骨が浅くてお骨が出たり、お墓が傾いたりします

なかなか、自分で掘る事ができず納骨しずらいこともあります

また、ほとんどが夫婦墓なので、1基のお墓に2人しか入る事が出来ず、亡くなると次次に新しいお墓を建てないといけません

これでは、お墓を守っていく継承者の負担がとても大きく大変です

そこで、徳風会のお墓リフォーム内容を詳しく記載します

  • 竿石を取り替えて、夫婦墓でなく南無阿弥陀佛などのお題目を彫る
  • 元のお墓の法名や戒名をお墓の側面に彫り直す
  • お墓の台石の下に御影石納骨室を作り納骨出来るようにする
    (工場に持ち帰りお墓の台石の底面を切って平らにします)
  • 拝石作って、御影石納骨室の蓋を作る
  • 地震対策施工をしてお墓を組み直す

徳風会のお墓リフォーム完成

これで、お墓の継承者さんも負担がかからずに、お墓を守っていく事が出来ます

最近お墓を継承された方が、どうして良いか分からず、相談される方がとても多くなっています

徳風会のお墓で、納骨や継承で困っているお客様は、大将に相談してください

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください