岐阜市萱場墓地キ116番でお墓リフォーム工事完成

岐阜市萱場墓地キ116番でお墓リフォーム工事完成しました

工事前 次 お墓リフォーム完成

前回までの工事で、外柵基礎石と御影石納骨室を組みましたので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

外柵基礎石 洗い砂をひいてあります

御影石納骨室の中には、洗い砂をひいてあります

一枚石の四ツ石 免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

一枚石の四ツ石を御影石納骨室の上に免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

とても大きくて重いので、慎重に組みます(二人で精一杯なので途中の搬入などの写真はありません)

ベニヤ板で養生して台石を転がして運びました 免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

道が狭くて、二輪車が入れませんので、ベニヤ板で養生して台石を転がして運びました

地域墓地には、よくありますが、通る道をしっかり取らないでお墓を作られてる場合が多くて、人が通れるだけの道の場合には、このように、台石を転がして運ぶ事になります

香炉を外して納骨します お墓に入っていたお骨は、お骨袋に入れて収めました

お骨は、香炉部分を取り外して、納骨します

お墓に入っていたお骨は、お骨袋に入れて収めました

リフォーム前 お墓リフォーム後

お墓リフォームで、白ペンキを入れ直して、お骨がしっかり入るように一枚石の四ツ石と御影石納骨室を作りました

換気口 前の道のコンクリート

お墓には、特許出願中のオリジナル換気口を取り着けて、御影石納骨室の中に風が通り、湿気がたまらない構造になっています

前の道も、全部コンクリートをやり直しました

お墓リフォーム完成

一番汚れと劣化のひどい、お墓の上面全部は、掃除でなく自社工場の研磨機

自動研磨機

を使って、磨き直しを新品の輝きをしています

お墓リフォームこそ石屋の技術と心の差が出ます
古いお墓だから、こんなもんで良いだろうなどと妥協せず、お客様が喜ぶ顔を想像して手間をおしまず作業をしています

大将が丹精こめて、作ったお墓リフォームが完成しました

岐阜市萱場墓地キ116番のお墓リフォーム工事内容

  1. 外柵基礎石の作り直し
  2. お墓を地震対策施工で組み直し
  3. お墓の白ペンキ塗り直し
  4. 御影石納骨室の製作
  5. 一枚石の四ツ石の製作
  6. 花立てをステンレスに取り替え
  7. お墓の磨き直し

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる