山県市高富方面墓地でお墓建立の四ツ石工事

高富方面墓地でお墓建立の四ツ石工事をしました

御影石納骨室と墓誌の補強石 → 四ツ石工事

午前中は、晴れていたのに昼から雪が降ってきてしまいました

雪対策のテントをはって、濡れてしまった御影石納骨室をしっかり乾かします

テントをはって雪よけ  耐震接着剤を使って四ツ石を組みます

しっかり乾かしてから耐震接着剤を使って四ツ石を組みます

石の繋ぎにはステンレス金具を使いトルクレンチでしっかり締め付けています

四ツ石の中のステンレス金具

四ツ石の目地を目地専用の耐震接着剤を使用して入れています

防水と接着の両方の意味があります

金具は中央に1組なのは理由があります

補強の金具と言っても石を痛めつけていることに変わりません
金具の構造上 どの金具もクサビのような形状で石の中で広がり固定しています

石の中で広がるって石を割る セリ矢と同じです

あまり高さのないところで、たくさんつけると言う事は石が割れる可能性があります

石に出来るだけ優しい石材専用の金具を使う事はもちろん必要最小限の数で最大の効果が生まれるように金具を取り着けることも石屋の腕見せどころです

補強金具で石が割れる?
この実験をした石が展示場に置いてあります

ご覧になりたい方は、展示場におこしください

そのうちに、補強金具で石が割れる?も記事として書きますのでしばらくお待ち下さい

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる