岐阜市東鏡島墓地216番でお墓リフォーム工事開始 御影石納骨室

石マス工事の完了

岐阜市東鏡島墓地216番でお墓リフォーム工事開始 御影石納骨室工事をしました

工事前

このお墓をリフォームします
先ずは、お墓を全部解体して工場に持ち帰ります

小型運搬車

小型運搬車を使って、一つずつ回収していきました

ブロックのマス

丁寧にお骨を拾い上げてから、中がブロックのマスなので、石のマスに作り直します


コンクリートを割ります

ブロックや、角のコンクリートが着いていますので、外柵基礎石を壊さないように慎重にコンクリートをハツリ機で割ります
手で割った方が早いのですが、強く入りすぎて割れすぎてしまうので、力のちょうど良い電池式のハツリ機は、強くはつる事が出来ないので、少しずつ割っていくにはとても便利です

石マス

今度は、四ツ石が外柵基礎石に乗る大きさで作りますので、石マスには強度は必要ありませんので、出来るだけお骨を沢山納められるように大きめの石マスを作りました

コンクリート

石マスが動かないように、コンクリートを入れて固定します
また、墓誌を後に建立するので、墓誌の補強石も組み一緒に固定しました
バイブレーターでコンクリートを流動化させて、スキマが無いようにしっかりと詰め込みます

石マス工事の完了

周りを仕上げて、石マスと墓誌の補強石工事の完了です
お墓のリフォーム作業が終わりましたら、組みます

寒くなってきましたがまだ、凍らないと思いますが、凍害予防とコンクリート養成のためシートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

石マス工事の完了

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次