岐阜市市橋墓地北区で、稲田石の外柵基礎石工事

稲田石の外柵基礎石工事

岐阜市市橋墓地北区で、稲田石の外柵基礎石工事をしました

基礎コンクリート

前回までの工事で基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで外柵基礎石を組みました

外柵基礎石は、岡崎産の足助御影石が閉山してしまいましたので、いろいろ検討した結果
茨城県産の稲田石を使うことに決めました
この石は。白い貴婦人と呼ばれ、とくに安定した品質で、3m以上の大きな石も取れるぐらい石目が均一で傷や錆も、ほとんど発生しない石なのです
それを板材に切ってもらい大将が丹精こめて、磨いて作りました

製造工程を動画で撮って編集してみました

横から狙う

よくホームページに磨きの確認で、このな風に横から狙う感じで見ている写真がありますが、これは間違い
こんなことしても、研磨の確認にはなりません
こんな事を載せている石屋は、実際に磨いていないか磨いたこともない石屋です
木みたいに、歪んでいる物ならこのような見方もありますが、鏡面に光っているものの歪みはこれでは分かりません

職人は石の鏡面に写り込む、蛍光灯や窓を石にうつして、歪みや磨けていない場所を確認します
このように、蛍光灯などを移し込んで、石の面を見ると綺麗に磨けていない場合には、蛍光灯が歪みます
後もっと感覚的な物になりますが、手で触るです
職人の手は、凄いセンサーで触っただけで磨きが悪い部分が分かります
以前お客様が、石を磨かれてその表面を触っただけで、何番まで磨いてあるのかをピッタリ当てたら驚いて見えました

一本ずつ丁寧に組んで行きます

墓所が大きいので、事前に接着はできませんので、小型クレーンを使って一本ずつ丁寧に組んで行きます

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付け

石の繋ぎには、ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けいます

一枚石の御影石納骨室

外柵基礎石が組めましたら、一枚石の御影石納骨室を中に組みます
これも一枚石ですので、小型クレーンが大活躍します

バイブレーター

御影石納骨室をコンクリートでしっかり固定ます
バイブレーターを使ってコンクリートを流動化して、隅々までゆきわたるようにしています

傾いている墓所

この墓地は、外周に側溝というかドブがありました
土手が土のドブで、このような墓地はどうしても土手が崩れてそれに引っ張られて、墓地の中でも土手に近い場所は下がってしまいます
近年回収工事で、しっかり側溝をされましたので、もう下がらないと思います
そのため、写真のように左と右でかなりの差があります
今回は、その墓所の合わせるために、通常15cmの高さの石を18cmにして、高低差が合っても大丈夫なように、この墓所専用設計をしました

稲田石の外柵基礎石工事

まわりを仕上げて、稲田石の外柵基礎石工事の完了です
コンクリート養成のためシートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

稲田石の外柵基礎石工事

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる