岐阜市市営上加納墓地弥八下北で、外柵基礎石と御影石納骨室工事

岐阜市市営上加納墓地弥八下北で、外柵基礎石と御影石納骨室工事をしました

小手で仕上げて基礎コンクリート工事の完了

前回の工事で、基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで外柵基礎石を組みました

事前に接着しました

出来上がった外柵基礎石を事前に接着します

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付け

ステンレス金具を、トルクレンチでしっかり締め付けています

御影石納骨室も同じように接着しました

事前に接着してありますと、問題は運搬です
125cmで、とても大きいので小型運搬車に専用のフレームを傷がつかないように、木で作り運びます

今回の外柵基礎石は、30cmの高さで重たいので、倒れないように、ここまで慎重に運びました

この先は、小型クレーンを使って施工しました

今日の仕事の半分は、この接着した外柵基礎石の運搬ですトラックから、特に慎重に運び、ここまで、30分掛かりました

接着してありますので、通常は入れられない底面にも、目地をいれて接着面を完全封印して、接着剤の経年劣化をできるだけ防ぎます

組んだ外柵基礎石の中に、御影石納骨室を組みます

ステンレス金具の補強と、御影石納骨室が動かないように、角にコンクリートをします

バイブレーターで流動化して隅々まで行きわたるようにします

周りを仕上げて、外柵基礎石と御影石納骨室工事の完了です

コンクリート養成のためシートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください