愛知県名古屋市八事霊園墓地17号でお墓建立工事開始 土止石の施工

愛知県名古屋市八事霊園墓地17号でお墓建立工事開始 土止石の施工をしました

工事前

この墓所にお墓を建立します 傾斜地で、後ろが60cm以上落差がありますので、それを土止め石を組みます

土を掘ります

この写真で傾斜が分かると思います 後ろをひたすら掘ります
細く掘っているのには分けがあります それは後述します

30cm掘りました

名古屋市は、平地から30cm掘らないと行けないという決まりがありますので、後ろの土止め部分も30cmというか、もう少し堀ました

砕石を入れて締め固めます

砕石を入れて、周りを崩さないように手ダコで締め固めます

鉄筋を組んでコンクリートを打ちます

鉄筋を組んでコンクリートを打ちます

土止めの石

土止め石は、一枚石でとても大きい石なので、小型クレーンをつかつて施工します

土止め石を組みました

土止め石を組みました

本当は、全体を掘ってコンクリートを打ってから、土止めの石を組むのが、一般的な手順なのですが、左右のお墓が30cmの深さを掘る前に、土が露出してしまい、雨などが降ってくると、両サイドのお墓が崩れてしまいますので、先に土止め石を施工することにしました

墓地は教科書通りにはできていません、その時の臨機応変の対応が必要になります

外れ掛かっている外柵基礎石

今回の場合には、下見に時に特に左側の外柵基礎石が崩れかかっていたので、中もいい加減に施工してあると思い今回の、土止めの石を先に施工する事を決めました

そのため、土止めの石のはばで、できるだけ細く掘って周りに影響を与えないようにしました

土止めの石の完了

土止めの石工事が完了しました

これで、少々掘っても隣のお墓は崩れてくることがありません、次は前側全体を掘って基礎コンクリートをします

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください