岐阜市市営上加納墓地弥八下南12号地で基礎コンクリート

岐阜市市営上加納墓地弥八下南12号地で基礎コンクリートをしました

木枠を作ってお墓の解体と整地完了

昨日お墓を解体回収して、中の土を掘りましたので、続きをしました

ランマーで突き固めます

上加納墓地は、砕石の山ですので、コンクリートを打つ深さまで掘って、直接ランマーで突き固めます

砕石がしまってパンパンの固い地盤が出来上がります

鉄筋を組んでコンクリートを打ちます

鉄筋を組んでコンクリートを打ちます

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

バイブレーターも掛けすぎは、砂利が下に沈んでしまいますので、コンクリートの状態を見ながら掛けます

突っつく

木枠の隙間は、しっか突っつくことが大切です

現在では余り見かけなくなりましたが、昔のコンクリートは木槌・竹の棒などで、突く打つたたくを繰り返してコンクリートを締め固め強いコンクリートを作られたそうです

その時のコンクリートを打ち込む言う事がだけが、残ってコンクリート打ちが今も使われています

コテで仕上げて基礎コンクリートの完了

コテで仕上げて、基礎コンクリート工事の完了です

コンクリート養成のため全面シートを覆っています

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください