関ヶ原地域墓地で囲い石の施工

関ヶ原地域墓地で囲い石の施工をしました

プレートランマーで締め固めます

前回の工事で、外柵基礎石を組みました

その東に囲い石を施工しました

古い外柵基礎石

以前組んであった外柵基礎石を、再利用して囲います

カッターで削ります

ダイヤモンドカッターでしっかり切れていない、残っているバリを切り取ります

切断機で、囲いの長さに切ります

切断機で、囲いの長さに切り底面がガタガタなので、全部の石の高さを合わせて切り直します

研磨機で、表面を削ります

切った石の表面を削って綺麗に仕上げます

綺麗になった囲い石

綺麗になった囲い石に、金具をつける穴を空けました

工場で事前に接着しました

工場で事前に接着しました

一枚削ってとても綺麗になりました ピカピカに磨くと、変色やムラがありとても目立ってしまいますので、古い外柵基礎石の再生は、削って#200番がベストです

古い石でも、囲うだけや補強にする目的でしたら、充分再利用して使えます

囲う部分を平らにします

囲う部分を平らにします

コンクリートをひいて施工します

全体にコンクリートをひいて施工します

合体してある囲い石

事前に工場でしっかり接着してありますので、このように吊り上げてもびくともしません

これぐらいの大きさが、接着できる最大です

周りを仕上げて、角のコンクリートをしました

周りを仕上げて、角のコンクリートをしました

墓相のお墓で、土はそのまま使う事と伺っていますので、中に土を戻して囲い石工事の完了です

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください