岐阜市市営上加納墓地そ区で、基礎コンクリート

岐阜市市営上加納墓地そ区で、基礎コンクリートをしました

解体と整地完了

昨日の工事で、整地までしましたので、ランマーで突き固めて固い地盤を作ります

ランマーで突き固めます

上加納は、砕石の山ですので、ランマーで突き固めるとパンパンになります

土止めの石を組みます

下回りの高さを隣りと合わせるために、前に石を組みました

コンクリートでも良いのですが、石屋なので石の方が綺麗で良い物ができます

動かないように、アンカー鉄筋を打ち込んであります

鉄筋をひいてコンクリートを打ちます

鉄筋と土止めの石に打ち込んだアンカー鉄筋をしっかり結んでから、コンクリートを打ちました

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

コテでしっかり押さえて基礎コンクリートの完了

コテでしっかり押さえて基礎コンクリートの完了です

ケンチ石が張り出しています

隣のケンチ石が、奥に行くほど張り出しています

この部分は、土に隠れて見えなかった部分ですので、初めの設計の時には全く分からなかった部分です

当初の設計の寸法では入りませんので、外柵基礎石寸法の修正をして製作することになります

このように、建替などの場合、見えない部分が、取り壊していくと見えてきて、それにより見えている部分で測った大きさでは入らないことも多々ありますので、予定通りには作る事ができませんが、このような事にいかに柔軟に対応できるかで、出来上がりが変わってきます

自社の工場で加工して製造している場合には、全く問題なく変更ができるのですが、全部外注の場合には、どうするのでしょう?

と言う事で、基礎コンクリートを打った時に測った実測を元に、岡崎産の足助御影の外柵基礎石を作ります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください