岐阜市市営穴釜墓地51-34・35区画でお墓建立工事開始 基礎コンクリート

岐阜市市営穴釜墓地51-34・35区画でお墓建立工事開始 基礎コンクリート工事

ありがたいことに、隣り合う二区画をお墓建立させていただくことになりましたので、完成時期は異なりますが、肝心の基礎コンクリート工事は同時にさせていただきました

工事前

この墓所にお墓を建立します

先ずは土掘りから

土掘り

表面の砕石を回収したらその下は、ねばつく泥です

それを掘り下げます

45cm程度掘りました

45cm程度掘りました

前後の薄いモルタルを割ります

前後の境の石のモルタルの部分がありますが、1cm程度のペラペラの部分がありボソボソなので、境のコンクリートを壊さないように割ります

しっかりやってあるコンクリートなら、こんなに簡単には割れませんが、片手で簡単に割れるぐらい薄いので、この上に基礎コンクリートを打っても強くないので、前後のコンクリートの境を壊さない所まで割りました

ランマーで突き固めます

ここで、トラブル発生

ランマーのエンジンが一瞬掛かってそれから・・・・・かかるきざしがない

すぐに、レンタルに行ってランマーを借りてきて、続きを開始(整備してあるのになんでだろう 修理屋さんに入院しました)

取ってあった砕石を入れて、足りないので砕石を足してランマーで突き固めます

この時、境のコンクリートの端っこギリまでしっかり突けるのは、さっきのボソボソのモルタルをギリまで取ってあるからです

ボソボソのモルタルを外してないと、それを突いてしまいランマーの振動で前後のコンクリートを壊してしまいます

反対に、ボソボソのモルタルを壊さないように、突くと真ん中しか突けないという事になります

見えないところですが、固い地盤をしっかり作るには大切な事です

鉄筋を組んで、コンクリートを打ちます

鉄筋を組んで、コンクリートを打ちます

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

基礎コンクリートは20cmぐらい

コンクリートの厚みは約20cmです やはりこれぐらいの厚みがないと、基礎コンクリートをやる意味がないと思います!

基礎コンクリートの完了

コテでしっかり押さえて、基礎コンクリート工事の完了です

コンクリートは湿潤な環境で、ゆっくり固まった方が強いコンクリートができますので、コンクリート養成のため全面シートで覆ってあります

基礎コンクリートがしっかり固まりましたら、外柵基礎石を組みます

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください