岐阜市西勝寺で永代供養墓石の御影石納骨室

岐阜市西勝寺で永代供養墓石の御影石納骨室工事

強化モルタルで施工します

前回までの工事で、下段を組みましたので、その上に御影石納骨室を組みました

御影石納骨室のパーツ

永代供養墓石の御影石納骨室ですので、とても巨大で一つずつのパーツが大きく、立てたり向きを変えたりするだけでも大変です

耐震接着剤で接着します

耐震接着剤で接着します 接着面にタップリ着けて、固定します

組み上がった御影石納骨室

組み上がった御影石納骨室に、ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けて、接着剤がしっかり乾くまで、しっかり養生しました

一体化した御影石納骨室

しっかり固まると、このようにびくともしません

重さは、約1.5トン トラックのつり上げ荷重ギリギリですので、この先の写真は撮ることが出来ませんでした

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

重さがありますので、免震シリコンも加重に合わせて、たくさん使っています

内側の部分も、しっかり接着剤を使ってシールします

天板を設置して、内側の部分も、中に入ってしっかり接着剤を使ってシールします

これ以上横にデカくなったら入れません

御影石納骨室

周りを仕上げて、全体を洗い流して綺麗にして御影石納骨室工事の完了です

まだまだ完成まで、何回も工事があります

年内には、なんとか仕上げますので、もう少しお待ちください

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください