岐阜市正蓮寺墓地南区画で、お墓の四ツ石工事

岐阜市正蓮寺墓地南区画で、お墓の四ツ石工事をしました

岡崎産の足助御影の外柵基礎石

前回までの工事で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石と一枚石の御影石納骨室を組みましたので、その上に耐震接着剤を使って四ツ石を組みました

事前に工場で接着しています

四ツ石は、事前に工場で接着しています

石の繋ぎには、ステンレス金具を使いトルクレンチでしっかり締め付けました

小型クレーンを使って施工しています

接着してありますので、小型クレーンを使って慎重に施工します

接着剤は、完全に固まると、このように吊ってもびくともしません

底面部分にも目地を入れます

通常の施工では絶対に入れる事の出来ない底面も、接着剤をい繋ぎ面を密閉することにより、接着剤の耐久性をできるだけ伸ばしています

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

一枚石の御影石納骨室の上に、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして四ツ石を組みました

お墓の四ツ石工事

砕石を入れて、おはかの四ツ石工事の完了です

この後、片付けが終わった時に、雨が降ってきました雨が降る前に仕上げまで、できました

天気予報を見て、10時までだったら降らないと言う事だったので、早めに初めて降る前に工事を終える事ができました

接着剤施工は、絶対に濡れてはいけません

天気を読むのも、施工をする時の重要なポイントになります

お墓の文字彫りをしましたら、お墓を組みます

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください