岐阜市新堀三反田墓地中央区で、一枚石の御影石納骨室工事

岐阜市新堀三反田墓地中央区で、一枚石の御影石納骨室工事をしました

周りを仕上げて外柵基礎石工事の完了

前回までの工事で、外柵基礎石を組みましたので、その中に、御影石納骨室を組みました

下段の御影石納骨室

下段の御影石納骨室は事前に工場で接着してありますので、それを組んでから、一枚石の御影石納骨室を免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして接着します

一枚石の御影石納骨室をクレーンで施工

いつもの御影石納骨室より大きいサイズですので、小型クレーンを使って一枚石の御影石納骨室を施工します

墓誌の補強石も組みます

隣りに墓誌の補強石も組みます

墓誌は、土の上にモルタルをひいてポンと乗せるだけの石屋さんが多く見られますが、台風などで、まともに風を受けると、倒れてしまったりしている墓誌をたくさん見かけました

構造上墓誌は、上が重たく不安でいですが、大きい塊の石に接着することにより、下が重くなり不安定な墓誌もしっかりと安定します

お金が掛かるのが難点ですが、当社では新規墓誌を建てさせていただく場合は、墓誌の補強石は無料となっています

丈夫に作る 大将の自己満足みたいなもんです

周りと角のコンクリートをして仕上げます

周りと角のコンクリートをして仕上げます

御影石納骨室は全部一枚石で作っても良いのですが、重すぎなのと、できるだけ大容量の御影石納骨室を希望されていましたので、二段に分けて、一枚石の御影石納骨室で蓋をする形式にしました

御影石納骨室と墓誌の補強石

周りの掃除をして、御影石納骨室と墓誌の補強石工事の完了です

砕石を入れるまではいけなかったので、次の工事で中を入れます

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください