岐阜市西荘霊園南142番で、御影石納骨室工事

岐阜市西荘霊園南142番で、御影石納骨室工事

石マスと基礎コンクリート2

前回までの工事で、石マスと基礎コンクリートをしましたので、その上に御影石納骨室を組みました

水平が違います

既存の外柵基礎石が、前後で、これだけ水平が違います

これだけ違うと1.5cmぐらい違うので、前回は作ってあった御影石納骨室では、高さが合わずに、帰りました

凹加工

御影石納骨室を、凹加工に切断して持ってきました

現場でもできるのですが、これだけ切るとなると時間も掛かるし、埃がとても出るので工場で加工して持って今日出直しました

御影石納骨室の隙間をコンクリートで詰め込んで固めます

御影石納骨室の隙間をコンクリートを、詰め込んで固めます

小手で仕上げます

汚れた部分を、綺麗に拭き上げて、小手で仕上げました

御影石納骨室工事の完了

コンクリートをならして、御影石納骨室の完成です

コンクリート養成のため全面シートで覆ってあります

しっかり固まりましたら、お墓を組みます

元号が『平成』から『令和』に変わりましたので、この四月限定ですが、平成と令和を選べます

四月中に建立したら平成

四月中に建立しても建碑式が、5月なら令和も使えます

こんな事は、初めてなので、お客様と相談して色々決めていただきたいと思います

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください