岐阜市今嶺墓地で、外柵基礎石下段補強工事

岐阜市今嶺墓地で、外柵基礎石下段補強工事をしました

基礎コンクリート

前回までの工事で、基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで外柵基礎石を組みました

工場で岐阜市今嶺墓地で回収した外柵基礎石のリフォーム作業をしましたので、それを接着

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けました

ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けました

2.5mで大きいので、接着してから接着剤がしっかり固まるまで、養生して現地に運びました

接着してクレーンで運びます

完全に固まるとこんな大きい外柵基礎石でも、組んだまま施工できます

トラックの荷台とほぼ同じぐらいで、接着できる最大の大きさです

これ以上は、荷台に載りませんので、運べないので無理という事になります

寸法の写真

取り外す前の寸法を全部写真で撮ってありますので、それを見ながら、位置をしっかり決めます

組み終わったら、周りを押さえます

位置決めをして、水平を取り終わったら、周りを押さえて仕上げます

角のコンクリートをして砕石を入れて完了

角のコンクリートをして砕石を入れて完了です

外柵基礎石の補強石なので、上段の外柵基礎石を組むとほとんど見えなくなってしまいますので、少しもったいない気がしますが、丈夫さは折り紙付きです

凍害予防とコンクリート養成のためシートで覆ってあります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください