羽島市沖墓地で、庵治石一枚石の四ツ石工事

羽島市沖墓地で、一枚石の四ツ石工事をしました

周りに砂利を撒いて完了

前回までの工事で、一枚石の御影石納骨室を組みましたので、その上に地震対策施工をして一枚石の四ツ石を組みました

御影石納骨室を綺麗にして乾かします

一枚石の御影石納骨室を綺麗にして、ヒートガンでしっかり乾かします

寒い時期には、結露もおきますのでヒートガンがとても役に立ちます

小型クレーンで施工

小型クレーンを使って慎重に施工します お客さまも見守っていただいています

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

この大きなサイズの接着剤を、一本全て使うぐらいタップリ塗って、お墓を支える柱を作ります

一枚石の四ツ石

一枚石の四ツ石ですので、コーナーのステンレス金具は必要ありませんので、そのまま周りの目地を耐震接着剤で入れて完了です

この庵治石の一枚石の四ツ石には、水垂加工もしてありますので、水が下に流れて汚れにくい設計になっています

通常四ツ石は、名前の通り四つの石を使って組む物ですが、誰が考えても分かるように一枚石の方が丈夫で、目地もなく綺麗です

また、大きい原石が必要になり、キズや白スミ黒スミを排除して作るのがとても難しくなります

特に、庵治石はキズが多く難しく大変な作業になりました

これだけ綺麗にそろった庵治石は、なかなかありません

待っていただいた甲斐がありました

今日の工事は、ここまで耐震接着剤がしっかり固まりましたら、お墓を建立します

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください