羽島市沖墓地で、一枚石の御影石納骨室工事

羽島市沖墓地で、一枚石の御影石納骨室と墓誌の補強石工事をしました

岡崎産の足助御影の外柵基礎石

前回までの工事で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石を組み中に、お墓の基礎コンクリートをしましたので、その上に強化モルタルで一枚石の御影石納骨室を組みました

小型クレーンで施工します

一枚石の御影石納骨室が通常サイズより大きいので、小型クレーンで施工しました

寒くなりましたが、お施主さんが見守ってくれています とてもありがたいです

一枚石の御影石納骨室

一枚石の御影石納骨室が大きいので、石をつかむクランプも特大サイズで吊り上げます

墓誌の補強石も組みました

墓誌は構造的に、上が重たいので、墓誌の拝石の下にも大きな石を組んでそれに、固定することによって倒れないように下を重たくして安定させています

角のコンクリートをして仕上げました

一枚石の御影石納骨室と墓誌の補強石の周りをコンクリートで固めて、石のコーナーをコンクリートで固めて、仕上げました

周りに砂利を撒いて完了

周りに砂利を撒いて、今日の工事は完了です

次からは、お墓本体の建立に入ります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください