岐阜市妙照寺墓地で、大きいお墓の解体撤去工事

岐阜市妙照寺墓地で、大きいお墓の解体撤去工事をしました

工事前

このお墓を解体します
お墓の大きさが、特大サイズでお墓の文字の彫ってある石の幅が普通サイズで24cmですが、このお墓は36cmもありますので、それに合わせて台石も特大サイズになります
とうてい、人力ではなんともなりませんので、クレーンで作業することになりますが、この墓地にいく橋が人が通れれば良いという作りで、この特大サイズのお墓を小型運搬車に積んで通ると、落ちる危険性があります
これだけの石を出す道がありませんので、今回は大型クレーン屋さんに手伝っていただき、作業をさせていただきました

大型クレーン

隣の駐車場の皆さんにもお寺様に、お願いして協力をいただいて、クレーン設置して作業させていただきました
すぐ上前に電線があり、それに注意してやらないと行けませんので、クレーンオペーレーターの技が必要になり、石は少しでもぶつかったり揺れたりすると割れたりしてしまいますので、腕の良いいつも付き合いのあるクレーン屋さんをお願いしています

クレーンで慎重に吊り上げて回収

逆光で、見えにくいですがクレーンで一つずつ慎重に回収しています

拓本作業中

このお墓の正面文字は、日蓮宗の偉い方の直筆の文字ですので、拓本をとって文字を残します
以前、お客様が自然石から文字の拓本を取られていて
とても、良い感じに文字の拓本を取ることが出来ていましたので、それを教えていただいて大将がお墓の拓本をとりました

お墓の正面文字の拓本とりが完了しました
いつもは、クレヨンなどでとっているのですが、ちゃんとした墨とタンポンを使ってとっていますので、細かいヒゲの部分なども綺麗にとれています
なかなか綺麗にとれたと、自画自賛 これをお客様に、お渡しします
ちなみに、この石だけで約400kgあります

コンクリートをハツリます

お墓を回収して、土を掘ろうとしましたが、全面コンクリートでした
この時代のお墓は、ほとんどが土になっていますが、完全に読みが外れました ここから、ハツリの一日が始まります
ハツリ機2台フル稼働でコンクリートを割ります

ケンチ石のハツリ

囲いのケンチ石の内側も全部コンクリートで固めてありますので、なかなか外れません
一個取るのに20分ぐらいハツリをしてようやく外せるぐらい頑丈にやってありました
この時 今日中に終われるのかなーと作業している皆が感じていました・・・

一段目がとれました

ケンチ石1段目がとれて、ホットする暇も無く
その下に、もう一段埋まっているのを発見して、みなぼうぜん・・・・
これ取るんですかと・・・・とらなあかんでしょと気合いを入れて掘ります

ユンボで掘って回収

ユンボで内側を掘ってから、コンクリートがしっかりやってあるので、ハツリ機で割って一つずつなんとか回収しました
後だけかなーと思っていたら、全周二段ケンチ石が入っていましたので、土を右に左に寄せながら一列ずつ回収しました
回収した石と土とコンクリート合わせて、13トン よく頑張りました

工事完了

全部のケンチ石を回収して、皆さんに手伝っていただき、なんとかお墓の解体撤去工事を完了することができました
終わったときには、しんどかったけど、日のあるうちに終われて良かったねーと声を掛け合いました
近年一番の大変なお墓の撤去工事です

小さいお墓の区画
小さいお墓の区画2

小さいお墓の12基の区画も綺麗に撤去いたしました 

永代供養墓

お骨がありましたので、お寺様にお渡ししました
当社で作らせていただいた、永代供養墓に収まります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる