お墓の解体撤去で、追加料金になる例

お墓の解体撤去で、追加料金になる例の紹介です

外柵基礎石撤去前

この墓所が不要になったので、返還するため外柵基礎石を壊す工事をしました

お客様に、お話を伺ってお見積もりをさせていただいてから工事に入ります

外柵基礎石を、されたのは15年程度前と伺っていましたので、その年代は、基礎コンクリートなどを行っている石屋さんが少なく、土の上にモルタルをひいて組んである場合が、ほとんどです

実際この墓地では、お墓工事をさせていただいて時に、基礎コンクリートしてあるお墓もありませんでした

一応中は分からないので、下に基礎コンクリートがしっかりありましたら、追加料金となりますと、ご説明をしています

ユンボで土掘り

ユンボを使って土を掘り始めましたが、墓所全体に基礎コンクリートがしてあるようで、掘れるのは外柵基礎石の中だけでした

ベタ基礎

ベタ基礎コンクリートがありましたので、それを割ります

ベタ基礎コンクリートがあるかは、掘ってみないと分かりません、このような場合にはお見積金額に、追加料金が掛かってしまいます

お墓の基礎コンクリート

お墓の基礎コンクリートも規格外の厚みと大きさで、矢を使ってなんとか回収

ユンボが大活躍

割っても、一個がとても重たいので、ユンボのアタッチメントを使ってコンクリートを乗せます

ベタ基礎コンクリート+お墓の基礎コンクリートでしたので、コンクリートだけで2トンぐらい出ました

更地にして完了

更地にして外柵基礎石の撤去工事の完了です

今回の場合には、下にベタ基礎コンクリートがありましたので、見えない部分にあった物は、追加工事の料金が掛かります

以前させていただいた、お墓回収で困った例は、土が3cm入っていただけで、外柵基礎石の中も全部コンクリートと言う例もありました

ここで、お墓の解体撤去工事で追加料金が発生する事例を紹介します

  1. お墓の基礎コンクリートがある事を、事前に分からなかった場合
  2. 外柵基礎石の中全部がコンクリートな場合
  3. 外柵基礎石の中に、お墓が埋めてある場合(古い墓所などは多く見られます)
  4. お墓が解体できない状態で固定・接着してある場合

お見積もりの時に、お話をうかがったり、お墓の周りの状況を見て、昨年の例では追加料金は0件です
ほとんどの場合には、追加料金が掛かりませんが、土の中で全く見えないところなので、今回のようにまさかがある場合があります

その場合には、追加料金が発生してしまうことをご了承下さい

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください