岐阜市善政院墓地D6で、純国産墓石唐原石のお墓建立

岐阜市善政院墓地D6で、純国産墓石唐原石のお墓建立しました

お客様の希望で、令和元年の初日5月1日にお墓を建立させていただきました

あいにく朝からあめなのですが、天気予報を見ると11時頃から2時間ぐらいは雨が止むという予報でしたので、その時間に合わせて準備をして建立させていただきました

工事前純国産墓石唐原石のお墓建立

スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

岡崎産の足助御影の外柵基礎石工事の完了

前回までの工事で、岡崎産の足助御影の外柵基礎石を組んだので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

小型クレーンを使って施工していますが、雨の隙間をぬって施工をしているので、写真はありません

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工2

全ての台石に、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をしています

テントをはって雨よけ

クレーンでしかできないところは終わりすぐに、テントをはって雨よけをします

予想通り、雨が降ってきましたので、テントをはって雨よけをします

お墓の本体と接着剤の目地は雨が降る前に、終わっていますので、前置きを一個ずつ運んで仕上げます

運ぶときには、雨に濡れるのですが、ヒートガンを使ってすぐに乾かして置きます

純国産墓石唐原石のお墓建立

丁度完成したときに、お客様もご家族で来られ見ていただけました

お客様から、雨が降ってきたけど、目地などは大丈夫なのでしょうか?

昔のセメント施工ならこの雨は大問題で、セメントが溶けて流れ出してしまいます

しかし、現在は耐震接着剤で全ての目地をしていますので、しっかり入れた後に雨が降っても何も問題ありません

綺麗にするために、水を流して洗うぐらいです

と言う事で、施工後の雨は全く問題ありません

希望通りの令和元年の5月1日なので、絶対に忘れないとおっしゃってました

日本の職人が丹精こめて作った 素晴らしい純国産墓石唐原石のお墓が完成しました

岡崎産の足助御影の外柵基礎石は、大将が丹精こめて制作した物です

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください