関市市営墓地A682番で、純国産墓石天山石のお墓建立しました

純国産天山石のお墓建立

関市市営墓地A682番で、純国産墓石天山石のお墓建立しました

工事前 次 純国産天山石のお墓建立

前回までの工事で、お墓の四ツ石まで組んでありますので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

お墓の四ツ石工事 四ツ石内部の金具

前回軽トラックで工事に行った時に金具を忘れましたので、取り着けてからお墓を組みました

四ツ石と台石とはステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付けています ステンレス金具をトルクレンチでしっかり締め付け

四ツ石と台石もステンレス金具で連結しています

いつも写真が同じ角度なので、今日は、四ツ石の内側横面を撮影しました

四ツ石を止めてある金具と、台石と四ツ石を止める金具があります

ここまでは、地震に耐える耐震施工です

小型運搬車で施工 免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

お墓が高くなるので、小型運搬車で運び上に持ち上げて足場板をかけて仏石を組みます

小型ですが、石屋専用に作られているのでとても丈夫な運搬車です

岐阜の墓地は、これが使えるのですが、名古屋や京都に行くと禁止の所もあります

目地も耐震接着剤 換気口

目地の仕上げも耐震接着剤をしっかり入れて仕上げています

御影石納骨室になる部分には、換気口を取り着けてあり風が通って湿気がたまりにくくなっています

神道式のお墓 供物台

神道式のお墓なので、仏石の上の部分はピラミットのようになっています

また、花立てには、お祓いをする時のバサバサした物=大麻(おおぬさと読みます)をデザインして彫りました

香炉部分には、特許出願中の換気口を着けてあります

純国産墓石天山石のお墓完成

外柵基礎石は岡崎産の足助御影石で大将が、丹精こめて作った物で、お墓は日本の職人が丹精こめて作った 純国産天山石のすばらしいお墓が完成しました

関市市営墓地A682番で、純国産墓石天山石のお墓建立過程は大将の仕事日記をご覧下さい

  1. 関市市営墓地A682番で、お墓建立工事開始
  2. 外柵基礎石とお墓の基礎コンクリート
  3. 一枚石の御影石納骨室
  4. お墓の四ツ石工事

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 

純国産天山石のお墓建立

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる