岐阜市萱場墓地カ33番で、純国産墓石天山石のお墓建立しました

岐阜市萱場墓地カ33番で、純国産墓石天山石のお墓建立しました

工事前 次 純国産墓石天山石のお墓建立

前回までの工事で、御影石納骨室まで組んでありますので、その上に地震対策施工をしてお墓を組みました

御影石納骨室 免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

御影石納骨室の上に、免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組みます

免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工 墓誌も免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工

台石も全て免震シリコン+免震接着剤施工で地震対策施工をして組んでいます

墓誌も補強石の上に同じように地震対策施工をしています

台石にステンレスの棒をいれたり、石の柱を入れたりする施工もありますが、ステンレス棒や石の柱は、接着剤では固定しません

なぜなら、完全に接着してしまうと、移転や文字彫りなどで外す事が出来なくなってしまうからです

接着剤で、固定していないステンレス棒や石の柱は、地震では、あまり意味がありません

とくに、石の柱は見た目丈夫そうに見えますが、10cmの物しか入れられないので、地震では簡単に折れてしまいます

そんな意味の無いものを入れるのなら、その部分までしっかり免震接着剤をいれて、地震に耐える強い接着剤の柱にする方が、良いと自分は思います

小型クレーンで施工 雑草の生えない防草マサ

 

道がありませんので、小型クレーンを使って施工しました

雑草対策に、雑草の生えにくい防草マサをひいてから、玉砂利をひいて仕上げています

換気口 香炉部分にも換気口

 

御影石納骨室には、換気口をとりつけてあり、納骨室が湿気でベトベトにならないように空気が循環するように、前側にも換気口を取り着けてあります

このシステムは、大将が考えた物で、特許出願中です

純国産天山石のお墓建立

日本の職人が丹精こめて作った すばらしい純国産墓石天山石のお墓が完成しました

岐阜市萱場墓地カ33番のお墓建立過程は、大将の仕事日記をご覧下さい

  1. 岐阜市萱場墓地カ33番のお墓建立工事開始
  2. 基礎コンクリート
  3. 外柵基礎石
  4. 御影石納骨室

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください