お墓の花筒・ロウソク線香立ての取り替え

お墓の花筒・ロウソク線香立ての取り替え

スライダーを動かすと工事前と工事後が比較してみられます

お墓のリフォーム軽作業で一番多いのが、この花筒・ロウソク線香立ての交換です

工事前

写真のようなお墓の前置きをリフォームします

ロウソク立ても無くなり簡易の物で、線香も固定されていますので、線香カスが捨てられません

花筒も固定され、水の交換もできません

先ずは、工場に持ち帰り作業します

古い部品を取り外し穴を空けます

花筒の古い部品を取り外してから、ダイヤモンドコアドリルを使って5cmの穴を空けます

ステンレス花筒が入るように約20cmの深さまで彫ります

注意:この穴開け作業は、ヒビ割れなどがありますとできません

穴が空きました

5cmで深さ20cmの穴があきました この後に、水抜きのため、横に2cmの穴を空けます

水抜きを空けないと、空けた穴に水が貯まって冬凍ったときに、氷の膨張で石が割れてしまいます

石を割るなんて、氷の膨張力は凄い力です

花筒を入れて完了

花筒を入れてちゃんと入るかテストをします

お墓の花筒・ロウソク線香立て

前置きを、お墓に戻して完了です

花筒は上に持ち上げるだけで簡単に取り外せます

花筒は上に持ち上げるだけで簡単に取り外せます

ロウソク線香立てプレート

ロウソク立てと線香立ては、一枚のプレートタイプになっていますので、これも同じように持ち上げて簡単に外して掃除ができます

また、プレートタイプになっていますので、石に汚れがつかず掃除も簡単です

ステンレス中入れタイプ花立ての工事代金

花立の取替え工事      10000 円
(石に穴をあける工事を含みます)

ロウソク立て線香立て   10000 円

合 計 20000円 税抜き

岐阜近郊の当社から、取りにいけるところ限定です

前置き部分を送っていただければ、送料が掛かりますが承っています

文字彫りの時に依頼していただきますと、割引がありますのでお得です