2021テンカラ最後は芝川

大王主催のテンカラ芝川に、公欠で行けませんでしたので、とても行きたいなーと思っていて、兄貴にお願いして昨日芝川にデカマス釣りに行きました

朝寒いけど、芝川はいつも暑い冬の装備は全くいりませんでしたと言うか、暑くてしょうがない感じでした
と言う事は、おそらく活性が高いと予想されます
期待バリバリで一番上から入渓

目の前の絶好のポイトを譲っていただき、始めると、先週放流したマスがポンポン釣れる
これは良いけど、チビマスを釣りに来たのではありません

放流マス

狙いはデカマス一本 ゆらゆらと泳いでいるデカマスを見つけて、それに向かって打ち込む
すれているので、なかなか見向きもされませんが、毛鉤を黒毛鉤に交換して2投目

ラインが微妙に遅くなる
キター ビシッと合わせるとギラギラとデカマスが暴れる

竿を寝かして、こらえて、久しぶりのデカマスで笑いがとまりません
マスが暴れたのをこらえたひょうしに、外れてしまいました・・・・(T-T)
針が伸びていました・・・マルトの針なのですが、太軸で無かったようで開いてました
そのあと同じ所に定位していたので、何回も投げたけど見向きもされずあきらめました

少し上の流れ込みにデカマス3匹が泳いでいるのを発見

普通毛鉤を投げるけど、見向きもされ無いので、なりふりかまわずエッグに交換
一投
キター その時、お客様からの電話が・・・幸い同級生と分かり、いま取り込み中なんで後で掛けますと伝え取り込みに専念するも、後の流れに入られみっともない取り込みになってしまいました
兄貴ーと叫ぶも、兄貴も取り込み中・・・・

デカマス

なんとか、ネットインしたデカマスです
まだいるので、もう一度投げる当然無理だよなー・・・・

毛鉤を一番派手な、オレンジデカハックル芝川スペシャルに交換して、一投
フワッと羽が広がりユラユラと落ちていくと、そっぽ向いていたデカマスが、首を上げた感じで興味あり
来るぞと期待して、パックリ 狙い通り まさにテンカラの醍醐味です。今度は、冷静に取り込みました

オレンジハックル芝川スペシャル

オレンジハックル芝川スペシャルをバックリくわえてます

その後、チビマスをポンポン釣って、脱渓お昼にしました

昼からは、下から入って上にフライマンが板野で、一番下まで下がりました
ポイントごとに大きくはないけど、30cmから40cmまでのマスが釣れまくります
近くで見ていたフライマン(全く釣れてないと言ってました)が、なんでーって感じで見てます
多分このフライマンはテンカラを始めるでしょう

兄貴が電話でデカマスを釣ったと言う事で、真ん中まで上がって行きました
49cmの泣き50ですが立派なマスでした
その後、自分にもマスが掛かりました 大きくないと思って余裕でいたけど、ヒレピンでめちゃくちゃ元気で今日一番楽しめました

38cmのマス

この後、下の方に移動して、ライズにめがけていろんな毛鉤を投げましたが、見向きもされず・・・・
そのうちにサスペンドデットになりました

今回、テンカラならではと思ったことが

  • 兄貴は、普通毛鉤で押し通し
  • 自分は、重いビースヘットを中心にいろいろなビーズ毛鉤
  • Xさんは、普通毛鉤にガン玉 いろいろ毛鉤

3人とも、同じように釣れてます3人さんようですが、みんな釣れてます 10カラーとても個人個人で違いがあるのがテンカラです
それにしても、王道の普通毛鉤で押し通した兄貴は、凄いです

先週はいろいろなことがあって大変だったので、少し無理して芝川に行来ましたが、とても良い気分転換になりました
わがままな日程で、付き合ってくれてありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子供の頃からどんくさいがコツコツやるタイプです根気命
凝り性で好きになったらどこまでも・・・深みに・・・
体が動く内にしまなみ海道を自転車で制覇するのか夢です
大将への問い合わせはコメント書き込んでください
(出没エリア 岐阜県・愛知県・三重県・京都市・大阪府他近県)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる