岐阜市東鏡島墓地264番で、お墓リフォーム完成 納骨穴を作りました

岐阜市東鏡島墓地264番で、お墓リフォーム完成

[twenty20 img1=”16268″ img2=”16269″ offset=”0.5″]

スライダーを動かすと、工事前と工事後が見られます

御影石納骨室工事の完了

前回までの工事で、御影石納骨室まで組んでありますので、その上に地震対策施工をお墓を組みました

洗い砂を入れて、お骨を納めました

洗い砂を入れて、お骨を納めました

納骨穴切削加工

昔の二段型のお墓は、納骨の穴加工がありませんので、今回のリフォームで納骨穴を切削加工して納骨を行いやすくしました

ロウソク線香立てプレート

既存のロウソクと線香立てを、大将設計の特注のロウソク線香立てプレートに取り替えました

写真のように、簡単に外して掃除ができます。また、ロウソクや線香の汚れはプレートがありますので石が汚れません

[twenty20 img1=”16266″ img2=”16267″ offset=”0.5″]

白ペンキ入れ直しました

お墓リフォーム内容

  1. 納骨穴切削加工
  2. 地震対策施工をして組み直し
  3. お墓の黒ずみ水垢掃除
  4. お墓の文字の白ペンキ塗り直し
  5. お墓の名入れ・文字彫り
  6. ロウソク線香立てプレートへの交換
  7. 御影石納骨室の製作

今回のお墓リフォームは、当社建立のお客さまで昔の二段型リフォームですので、通常価格の半額で行いました 当社お客さま限定のサービス価格です

このお墓の石は天下の銘石『大島石』です

平成元年建立で、29年経過していますが、少し手を入れれば、新品のように綺麗になります

お参りの方に、新しく建立されたのですかと声をかけられるほどです

年数をが経過してから、お墓を触るときに石質が良い石は、少しの手入れでとても綺麗になります反対に石質が悪い石は、手を入れてもあまり綺麗になりません

お墓を建立するときには、石質の良さが重要です

銘石と呼ばれる石は、何年経過してもとても綺麗になりますむ

お墓を作るときには、日本の職人が丹精こめた銘石をお勧めします

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています