表札の取付方例

塀に切り込みがあれば次の手順で比較的簡単に出来ます

塀の切り込み  次へ セメント

  1. この様な切り込みの大きさを正確に測り5mm程度小さめで表札を作る
  2. セメントをセメントを餠ぐらいの柔らかさで練ります
    セメントはホームセンターで販売されている物でOKです

表札貼ったところ 次へ 目地を入れる

3. 切り込みにたっぷりセメントを着けます。それから、表札をはめ込んで押しつけ
この時に隙間からはみ出してくるぐらいが丁度です
4. 目地ゴテで隙間にセメントを押し込みます
無ければ割り箸を削ってコテを作ってください    面倒なら指でも・・・

バケツとスポンジ 次へ セメントを拭き取る

5. バケツにスポンジを用意して堅くしぼり はみ出した部分を拭き取ります
(家庭用のスポンジでOKです)
6. 何回も水を換えて拭き取るのがポイントです

タオルで仕上げ   次へ  表札の取付完成 完成!

7. 乾いたタオルで丁寧に拭き汚れている部分がないか、確認します
8. 一晩の間 濡れないようにして 完成
この時に雨が降ってきたらビニールをかぶせてください(ゴミ袋でもOK)

  • 岐阜市近郊でしたら大将が取付に行く事もできます
  • 取付費用
    切り込みがある場合には 5000円
    昔の表札が残っているまたは、新しく切り込みを作ってはめ込む場合には 15000円~
  • 現場確認後 見積りとなります メールで画像を送っていただければ見積もりできます