2019年 テンカラ8回目 開田高原

今年も楽しみにしていた開田高原に行ってきました

雨続きで、途中の木曽川は濁流・・・こんなんでできるのかなーと思いながら9時頃現地到着しました

とりあえずできそうな、冷川に入る

水が多くて、渡るのが恐いぐらい 冷川で水もめちゃくちゃ冷たい・・・・

反応が全く感じられず、どんどん釣り上がり

真正面の太い流れ横に打ち込んだ時に、ギラッと水中で光る

デカイ 今まで反応がなかったので、ラッキー

正面に打ち込んでいるので、流れに乗ってすぐによってきた やっぱりデカイ

パックテンカラやったのでいつもより長めのシステムなので、糸をたぐりよせた瞬間

さようなら・・・・

久しぶりに掛かった貴重な一匹だったのに・・・ショック

兄貴に、ここ流して、このあたりと説明しながら竿でココってやっていたら、喰ってました

当然バラシ

その後、枝がかぶって投げにくく釣れない

脱渓ポイントの橋まで来て、最後の悪あがき

アマゴ

ようやく出てくれました 腹パンパンのアマゴ 朱点が大きく多くてこんなアマゴ初めてです

これはなかなかのサイズでしたが、バラさないことだけ考えていて、引きを楽しむ余裕全く無しでした

その後脱渓して、去年ポンポン釣れた末川の支流に行くことにしました

ギリギリ塩焼きサイズ

ながれが強くて、すこしでも緩いところを探りながら投げると、小さいながらもギリギリ塩焼きサイズが釣れる

流れの押しが強くて、転ける 兄貴も水没と言う事で初日は、やめました

バーベキュー

夜は、楽しいバーベキュー この肉と久しぶりに食べるアマゴはめちゃくちゃ美味しかった(自分の釣ったアマゴが、食べたくて手前で焼きました)

バーベキュー2

皆さんと、テンカラ話で盛り上がりとても楽しい夜でした

次の日も、ぽろぽろとふる雨

田島隊長に案内してもらって、大滝村方面に行きましたが水が多くてダメで、西野川の下流に入ることにしました

けやきの湯

入るところも分からないので、けやきの湯さんに車を止めさせてもらって入渓

大ポイントが続く良い渓流なのに、釣れない・・・・

チビアマゴ

出るのは、こんなサイズで大きくても5寸まで・・・・

脱渓ポイントも分からないので、どんどん釣り上がって橋の所でなんとか脱渓・・・

チビアマゴ10匹 惨敗の西野川でした

川はとても綺麗だっけけど、あまりの苦戦に、景色を撮る余裕なし・・・・

けやきの湯で温泉に浸かって、ホッコリして 帰りに蕎麦をいただきました

エビ天蕎麦

エビ天蕎麦 これは美味しかった

相変わらず、毎年厳しい開田高原ですが、とても皆さんと楽しくすごせました

まだまだ、未熟者を思い知らされた開田高原ですが、どんな状況でも、魚を出せるようになりたいもんです

皆さんありがとうございました

 

冷川 アマゴ 3匹 新子多数 バラシ1匹

気温 水温 14℃ 曇り

SIMANO パックテンカラ 3.4m

レベルライン 3号 3.8m

ハリス ナイロン 0.6号 70cm

ビーズヘッド毛針  黒 #14

西野川 チビアマゴ10匹

SIMANO 本流テンカラ 4.4m

レベルライン 3号 4.5m

ハリス 0.8号  50cm から80cm 場所により色々

ビーズヘッド毛針  白 黒 #14

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください