2019年 テンカラ4回目 S川水系

2019年 テンカラ4回目 S川水系に行ってきました

前回のテンカラの後に仕事で、捻挫をしてしまい1ヶ月ほどテンカラは、やめて静養してました

テンカラウイルスに感染しているので、禁断症状がでてきて、接骨院の先生にいいんじゃないと言っていただけましたので、急遽兄貴とホームS川水系に行ってきました

雨で少し水が増えて、爆釣りの予定でしたが・・・・

いつもの所から入るも、うんすん状態・・・先行者はあると思うけど、ここまで反応ないのも珍しい

岩すれすれで一匹目

対岸の岩すれすれで、一匹目の岩魚さん

岩魚1

なぜかサイズが、前回よりダウンして20cmあるかなしかのサイズです

対岸の岩の間

対岸の岩の間の少し緩いところから2匹目

2匹目の岩魚

2匹目の岩魚 これも小さい 今日はこのサイズが続きます・・・

手前の大岩の向こう側

手前の大岩の向こう側の緩いところで3匹目

三匹目の岩魚

三匹目の岩魚 この区間竿抜けだったのか、10mぐらいの間に3匹でました

ここまでは、最近お気に入りのビーズヘットバーコードステルス黒 #14番

その後も、うすんタイム突入・・・・

だんだん釣り上がっていくと、エサ釣りの人が先行していました

これで、でないのかと思いエサ釣りさんは、沈めているので反対に浮かす毛鉤に変えて攻めます

バーコードステルス黒 #12番に交換

鏡の所

岩の後ろの鏡に、毛鉤からふんわり落とす ピュー

新子さんのヤマメ

新子さんのヤマメがアワセ飛び

ここから先は、こいつがめちゃくちゃアタックしてきます

岩の後ろでヤマメさん

岩の後ろの鏡でヤマメさん

ちいさいヤマメ

17cmぐらい小さいです・・・・

でも、ドライで出るので少し楽しい 毛鉤が浮いている間は、なんらのアタックがあります

何回も投げてると、水吸って沈んじゃうので、反応がなくなります

エサ釣りさんに追いついてしまったので、ここで脱渓してお昼ご飯

昼から、頑張るも、うんすんタイムが延々と続きます(乗らないぐらい小さい新子さんのアタックは、めちゃ多い)

ここから、久しぶりに渓流テンカラ登場

めちゃくちゃ重い・・・本流テンカラじゃないかと思うぐらい重たかった パックテンカラが軽くて使いやすいのが改めて分かったけど、渓流テンカラも良いところがありまして、慣れれば重さも感じなくなりました

今日一番の岩魚

バーコードステルス黒 #12番で、エサ釣りが投げられないであろう浅瀬の穴で、ようやく今日1番の岩魚さん

でも22cm これがいっぱいいっぱいです

大岩のすぐ横

大岩のすぐ横の岩に囲まれたところで、岩魚さんがでましたが、20cm程度なので、やる気も無く取り込んで手で持ったら写真撮る前に帰られました

今日はこんなんかと、場所を変えて一番下に行きました

渓相は悪くない

水も増えて、渓相は悪くないのに・・・・

白泡とテトラの間

良いポイントは、全て空振りで、白泡とテトラの間ギリギリの穴ポイントに打ち込むと

今日1番のヤマメさん 23cm

今日1番のヤマメさん 23cm

掛かった後に流れに入ったので、今日初めて引きを楽しめました

ヤマメで嬉しい 大将は岩魚よりヤマメ ヤマメよりアマゴが好きなのです

この後上がって行くと、また、エサ釣りさんが前にいました・・・・

エサ釣りさんの後追いは、厳しいのか、今日の魚のタイミングが悪かったのか、脱渓するまで新子さんオンリー・・・

兄貴と、めちゃくちゃ釣れなくても良いけど、たまには上がるかな?って思うぐらい引きを楽しめる魚を釣りたいねー

また、リベンジします

 

 

岩魚 5匹 ヤマメ1匹 新子多数 バラシ1匹

気温 水温 はかり忘れ  曇り

SIMANO パックテンカラ 3.4m

SIMANO 渓流テンカラ 3.8m

レベルライン 3号 4.1m

ハリス 0.8号  50cm から80cm 場所により色々

ビーズヘッド毛針  白 黒 #14

バーコードステルス 黒 #12#10#14#16 ハックル刈り込み

大場所でガン玉 全く出ず

2019年 テンカラ4回目 S川水系” に対して1件のコメントがあります。

  1. marky より:

    やっぱり、サイズがある程度揃う川に行かないと、釣れ無いのよね。(;_;)

    荘川も他の場所の良い所ありますので、一度行って見てはどうですか?^_^

    今年は、荘川の年券買って無いので、来年であれば他の場所教えますよ。

    僕は、サイズの小さい釣れ無い長良川を探索中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください