羽島郡笠松町営中門間墓地46番でお墓建立工事開始 基礎コンクリート

羽島郡笠松町営中門間墓地46番でお墓建立工事開始 基礎コンクリートをしました

工事前

この墓所にお墓を建立します 先ずは、土掘りです

予想外に硬くて、バリカキを使って削り取ります

道には、シートをひいて汚れないようにしています

なぜか、土混じり砕石—–土—–砕石となっていましたので、土混じりの砕石と土を掘って回収しました
以前北区画で工事をしたときには、土混じり砕石—-土だったのですが、南区画は砕石でしっかりやってありました
同じ墓地なのに、なぜ違うんでしょう?

下が、しっかりとした砕石が入っていて、かちかちでしたがランマーでねんを入れて、突き固めました

鉄筋を組んで、左右の境に石を入れてコンクリートを打ちます

境をベニヤ板で無く石で作ることによって、ギリギリまで攻める事ができ、石なので、もし両サイドが壊したりする時にも壊される事がありません
ただし1m以内でないと石が折れてしまうので、小さい区画限定です

バイブレーターでしっかり空気を抜いて強い基礎コンクリートを作ります

バイブレーターを使い、コンクリートを練り混ぜた特に含まれる空気を抜くことにより、緻密なコンクリートができます
かけ過ぎは、骨材分離(重い砂利が下に沈んで砂が上に浮く)をしてしまうので、注意が必要です

コテで仕上げて、基礎コンクリート工事の完了です

コンクリート養成のためシートで覆ってあります
コンクリートは、固まる時に、とても水をほしがります、シートで覆うことによって、水分の蒸発を抑えて、コンクリートの水和作用がしっかりできるようにして強い基礎コンクリートを作ります

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

お客様によりわかりやすく安心安全のお墓を丹誠込めて作っています
この仕事日記はWordPress初心者の大将が頑張って作っています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる