西勝寺で文字をそのままで、木の銘板から石の面板へ作り替え

西勝寺で文字をそのままで、木の銘板から石の面板へ作り替えをしました

木の銘板

平成十三年の回収で作られた、住職が書かれた銘板が、経年劣化でもじが見えなくなってきてしまいました

文字が、残っている内に、石にして欲しいと依頼を受けて、製作をしました

デジカメで銘板を取り込み

デジカメで銘板を撮影して、PCで見やすく画像処理をします

パソコンに、取り込み

見やすくしたデーターを、専用のソフトに取り込みます

拡大して輪郭をトレースします

拡大して輪郭をトレースします

トレース完了

トレース完了です(一文字約10分ぐらいですので、これが一番時間が掛かります)

毛筆では、できなかった少し傾いている文字を、修正して真っ直ぐに直します

この後、お客さまに確認していただき、文字を彫ります

石の銘板の取り替え

木の銘板と石の銘板の取り替えてしっかり取り着けて完了です

綺麗に、磨き過ぎて鏡のように自分が写り込んでしまっています

昼の3時頃で光が強すぎて、少し見にくいですが、光が弱くなればしっかり見えます

文字は、黒石なので、白ペンキを入れないでも充分見えるので、この先10年20年を考えるとペンキは剥がれるので、入れません

銘板完成

これで、何年経過しても文字がなくなりません

昔だったら、こんな事できなかったのですが、デジカメとパソコンが良くなったので、写真からデータを作れます

木の銘板で消えてしまいそうな、大切な文字がありましたら、消える前に正面から写真を撮って保存してください

そうすれば、当社で石等に文字を彫りなおす事ができます

入力には、とても時間が掛かりますので、時間と費用が掛かりますので、まずはお見積もりで時間と費用と確認ください

安心安全のお墓を丹誠込めて作っています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください