Endeavor pro4700 グラフックボード交換 GEFORCE GTX 1050ti

Endeavor pro4700 グラフックボード交換 GEFORCE GTX 1050tiにしました

パソコンの表示が遅いので、これってPCのパワーよりグラフックボードじゃないか?

と思い調べたら、グラフックボードが遅いと診断が出ました

早速Amazonで調べて、コストパフォーマンスが良かったので、GEFORCE GTX 1050tiをポチッとしました

GeForce® GTX 1050

すぐに送ってきたのだけど、時間がなくて今日装着!

グラフックボード交換

左が着いていたグラフックボードで、右が新しく取り着けるグラフックボードです

ファンもついていて、幅も2個分の大きな物です

メモリーも512Mから4Gに大幅アップ

取り着けました

グラフックボードを取り着けると、USB3のボートと干渉してしまい×

全部のボードの順番を入れ替えて装着完了

メモリーも8gを増設

メモリーも8G増設して、12Gにしました

これはWin10が32ビットなのであんまり意味無いのですが、Win10を64ビットにする予定なので、どうせ蓋を開けるのなら一緒にやって置いた方が楽なので増設しました

これは、落ち着いてできるときでないと64ビットにはできないので、またの機会にします

埃まみれのパソコン

名か蓋を開けると、埃まみれなので、掃除機で吸って綺麗にします

仕事場が埃が凄いので、いつも蓋を開けるとこんな感じです

元に戻して完了

元に戻して完了です

線を繋いで、電源ON・・・・・・・固まってるみたい・・・・・失敗?????

ディスプレイ1個とキーワード・マウスだけ繋いで再起動

なんとか、起動してドライバーを入れて完了

写真をたくさん扱うので、その表示がめちゃくちゃ早くなりました

ファンの音が、若干うるさくなりましたが、その分早くなったのでOKでしょう

メモリーもBUFFALOのソフトで、余っているメモリーを使ってコピーをするので、大きいファイルのコピーがめちゃくちゃ早くなりました

パソコン仕事が、とても快適になりました

とりあえず、めちゃくちゃ快適になったので、壊れて、真っ黒の画面になってからでは遅いので、次回は、保守でSSDドライブの置換です

ディストップパソコンは色々拡張できるので、仕事をするにはとても良いマシンだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です