会計もクラウドの時代 FreeeとDR.Walletで簡単帳簿着け

今年四月から、ずっーとお世話になっていた会計事務所から大野晴広公認会計士・税理士所にお世話になることになりました

大野さんの所に行って、会計の記帳について、いろいろ説明を受けて

これで楽になりそう!これが決め手でした。

今までは、領収書などを見ながら、弥生会計に手打ちして通帳やカードの引き落としは、明細を見ながらせこせこと手打ち・・・・

やったことある人なら分かるけど、これが、とても面倒で、特に通帳は細かい数字の打ち間違いなど合ってあわないだよなー・・・・

こんな事やり出したら、最低半日たまっちゃったら一日テンション下がって嫌になり放置・・・・

会計事務所のお姉さんに、どうですか?

放置していたのを、気を取り直してまた記帳・・・・はぁ・・・・っ疲れた・・・・て感じです

大野さん方式になったら、この一連の流れほとんどが、自動記帳です

と言うことで、毎日記帳しています

どレほど簡単化と言いますと

  1. DR.Walletで領収書をスマホかスキャナーで撮影して取り込む
  2. 勝手にデーター化してくれるので、それを待つ(お金払うと早いらしいが、自分は無料プラン)DR.Wallet
  3. 日付と金額と取引先などが、クラウド上でデーター化されます
  4. Freee(有料一年 9800円)で現金の所から、DR.Walletでデーター化したものを読み込みアップロード
  5. 覚えさせてある自動ルール(仕訳のルールを登録します)で、ほぼ9割はアップロードしたら勝手に記帳されてますFreee
  6. 自動に仕訳が出来なかった物を、チェックして記帳します(全体の1割程もない)これで、現金の収支は終了
  7. 預金・カード・Amazonなどの購入は、Freeeに登録して、自動に同期してくれるので、金額が合っていて当たり前
  8. これも9割以上は、自動で仕訳をしてくれるのでチェックするだけ
  9. 請求書なども、Freeeで作っておけば、入金時に、この請求書ではないですか?と出してくれOKするだけ
  10. 分からない事があったら、Freeeの仕訳のメモに、分かんないのでこんな感じに処理しましたと大野さんに書きます
  11. すると、チェックしてくれて修正していただけます
  12. 定期的に、全体チェツクをしてもらう
    現金取引の領収書が写真でDR.Walletに残っているので、大野さんの所に行ってチェックしてもらっても領収書の束をいちいち探す必要はなし

Freeeの設定やらDR.Walletのデーター化のアップのやり方など、慣れるまでは大変なんだけど慣れてしまえば

日々の記帳がほぼ自動化できる

と言うことで、毎日着けています(スマホで内容の確認などもできます)

四月に変更する事を、決めていたので会計処理をずっーとため込んでいたのですが、Freeeの設定やらDR.Walletで処理させたら1時間で全部入力完了して

驚き・感動して 御礼のメールを送りました

手入力していたころは、通帳をふやしたりカードをふやしたりするととても面倒だったけど、全部自動で同期してくれるので、項目ごとに分けようと考え中

セキュリティが心配かもしれませんが、金融機関並みのセキュリティ対応とのことですし、ネットバンクを利用している人なら受け入れ可能なレベルだと思います(Googleにいた人が作っています)

会計もクラウドの時代 FreeeとDR.Walletで簡単帳簿着け個人事業主の皆さんお勧めです

お世話になっているのは、大野晴広公認会計士・税理士事務所 です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です