後悔しないお墓作り  石屋がするお墓の製造・施工を教えてもらう

①石屋がするお墓の製造・施工を教えてもらう

お墓を作る石屋の規模や製造・施工の体制は、昔はシンプルでしたが、現在では色んな形態があります

高木石材では、大将がお客さまのの話しを聞いて、現地に行き寸法を測り見積もりを作成そして、製造施工まで行っています

製造のチェックポイントは、工場を見せてもらう

石を切る 石を磨く 石に穴をあける 石に文字を彫る

石を切る・石を磨く・石に穴を空ける・石を彫るこれだけの機械があれば、工場で製造が出来ます

国内製造と嘘をついて販売している石屋もあります(国産墓石の産地偽装や製造偽装にご注意下さい)

石屋の中では、営業がお客さまに話しを聞いて、図面は商社に書かせ施工は、下請けと言う事も珍しくありません

最近では、店舗もなくネツトと電話で営業をして、後は全て下請に丸投げという石屋もあります

お客さまから聞いた話しですが、ネツト石屋の中には、検品を中国まで行ってやってますので安心です。これてっておかしくない?

なにもなにも考えないで聞くと、中国まで検品に行っているなんて凄いなーと思いますが、これはでは検品と言いません

検品とは、自社の工場に来てそれを最終チェックする物であって、中国の工場でする物ではありません

このような業者は、工場を持たないで下請けに丸投げで施工をしています

この場合に、下請け業者は、中国から来た木箱(中国輸入の石は木箱に入って送られてきます)のまま現場に持っていき、検品も無くそのまま施工している事を、見かけます

これでは、もし途中で、不具合が見つかっても修正しようがありません

後悔しないお墓作りのために、石屋がするお墓の製造施工を詳しく教えてもらって下さい

ポイント1誰が作って誰が施工しているか! 特に、施工は大切です

◎ お客さま→営業=職人
○ お客さま→営業→職人
× お客さま→営業→下請石屋→職人

どんな商品でも、たくさんの人が仲介すると、価格は高くなります。

それでも安いと言う事は、施工費や石の品質を落とさないと出来ません

また、たくさんの人が入るほどお客さまの気持ちは伝わりません

誰が作って誰が施工しているか、顔が見え気持ちを伝える事が出来る事こそ後悔しないお墓作りの第一歩です