後悔しないお墓作り 建立後10年ぐらい経過したお墓を見せてもらいましょう

建立後10年ぐらい経過したお墓を見せてもらいましょう!

お墓を作りたいと思ったら、初めは石屋の展示場でお墓を見ます

しかし、これは要注意です!

展示常に飾られているお墓は、屋根があったり綺麗に手入れされて、みんな綺麗です

これでは、石目の好き嫌いは分かっても善し悪しはとても分かりません

お墓は、外で直射日光に当たり雨風に常にさらされています

石の中には、建立後に変色したりヒビが入ってしまったり、湿気を吸ってシミになってしまったりする物もあります

また、施工が悪く傾いたり外れたりしているお墓もあります(実際のトラブルはお墓のトラブルQ&Aをご覧下さい)

このような事は、建立後約10年ぐらいで分かるようになります

いい加減な施工や石を販売している石屋は、見せたく無いので、見せられないと言う事が多いです

展示常では絶対に分かりません!

この石と決めたら、墓地に行って10年経過したお墓を複数見て、ヒビや変色が無いかをチェックしましょう!

ポイント3墓地に行って10年経過したお墓を複数見せてもらいましょう

施工の善し悪し

写真は、モラルの無い石屋が、右の当社施工の隣りに全く同じ石同じ形のコピーお墓を建立した例

初めは、分からなかったが、五年経過で左のお墓の水シミがひどく外柵基礎石も変色している

たった五年で、施工の善し悪しと石の善し悪しでこれだけの違いが出て来ます