ペットのお墓の考え方

どんな生き物にも死は必ずおとずれます。

それが運命というのなら、素直に受け入れ、最後 まで優しく見届けてあげたいものです。愛するペットのためにあなたができること・・・

お客様お気に入りの写真、お気持ちをペットのお墓という”かたち”に残されてはどうでしょうか?