お墓の地震対策施工商品の耐久テスト 夏の日差しでウレタンゲル溶けてしまいました

地震対策施工商品の耐久テストを初めて半年

新しい商品も手に入りましたので、追加しました
実際工場に並べてある地震対策施工商品耐久テストです

地震対策施工商品の耐久テスト 夏をこしたらウレタンゲルが溶けてしまいました
2011年9月6日 撮影

左から

種類 シリコンゲル 変成シリコン ブチルゴム ウレタンゲル
メーカー耐久性 不明 10年 40年 20年~40年
変化 セメントから変更 なし 1種類追加 なし 1種類追加 完全に溶けてしまった

今回の観察結果の感想
  1. セメント→シリコン 耐久性抜群といわれているだけあって何も変化無し  
  2. 変成シリコン 雨風で汚れた程度
             やっぱり強いですね変化無し
             メーカー耐久性 10年以上
  3. ブチルゴム さすが耐久性抜群 ホコリなどで汚くなっただけ
             冬に比べて少し柔らかい    

  4. ウレタンゲル 完全に溶けてしまっています?
             こんなに速く変化があるとは思ってみませんでした
             このウレタンゲルを使っている石屋さん多いのに心配です
             安震さんなどが使用しているゲルの仲間です
            完全に溶けてしまったウレタンゲル         
             完全に溶けたウレタンゲル

びっくりしたのは、ウレタンゲルの耐久性の低さです

このウレタンゲルはホームセンターや中国製の品質の悪い物ではなく
メーカーがお墓の地震対策施工として特別に販売されている物です
価格もこの大きさで一枚 3000円ぐらいします

地震対策施工商品も実験場でその時だけ地震に強くても駄目だと思います
お墓は外にある物です雨・風・日差し寒暖差など耐久性を考えないと駄目ですね 

反論のあるメーカーさんサンプル下さい 同じ条件で観察しましょう!