お墓しまい お墓の解体撤去処分の作業と価格

お墓の守ができなくなって、処分しなくてはいけなくなる場合のお手伝いさせていただきます

お墓しまいと最近では、メディアなどで良く言われるようになりました

お墓の解体撤去・お墓しまいの方法は次のようにします

  1. 家族や親族と、よく話し合う
    必ず一人で決めないで、皆さんと話し合ってください
    工事直前で、親戚さまから待ったが掛かったこともありました
  2. 墓地の管理者・自治体に墓地を返却することを申請する
    市営墓地の場合には、工事施工届けなども必要になります
  3. お寺様に性抜きをしていただきます(宗派によっては必要ない場合もあります)
  4. お墓の解体撤去工事をします(普通の大きさでしたら、一日で完了します)
  5. お骨を安置していただく所に納めて完了です
    当社からも永代供養の紹介ができます

実際のお墓解体撤去工事の例

文字の書いてある仏石は、無縁預かりのお寺で供養していただきます

台石・外柵基礎石・コンクリート・土は産業廃棄物としてルールに従い処分いたします

お墓しまい前

お墓の解体撤去前

お墓の解体撤去後

お墓の解体撤去後

トラック 産業廃棄物処理がかなり難しくなってきています

マニュフェストを書いて石・コンクリート・泥・墓石と全て分別して処理いたします

無縁回収のご依頼についての注意事項
必ず現場確認後に見積もりが必要となります
8寸墓石竿石(戒名が彫ってある石)1体 2万円より
(大きさに比例します)

墓石土台処分費 1組 2万円より
(大きさに比例します)

取り壊し作業費 別途見積になります 2万円程度~

お墓の立替の時には、取り壊し作業費は掛かりません。

参考価格
八寸三段型墓石 標準タイプの撤去費用総額 約6万円程度(税抜き)

その他かかる費用

外柵基礎石の取り壊し 1トン 2万円~ 状況によって異なるので別途見積もり

その他泥やお墓に使ってあるコンクリート回収 1トン 2万円

外柵基礎石の取り壊し作業費用 2万円~ 状況によって異なるので別途見積もり

追加料金が発生する場合

お墓の解体撤去工事 基礎コンクリート解体は追加料金です

P2103141.jpg

お墓が建っている状態では、基礎コンクリートのあるのか深さはどれぐらい打ってあるのかは全く分かりませんので、お見積もりに注記として『基礎コンクリートがありましたら+解体に○○円掛かります』と書かせていただいています

現場確認ができない遠方の場合はお断りします
メールにてお墓の写真を送っていただければ、概算の見積もりが出来ます

高木石材から半径30km以上(車で1時間以上)は交通費が別途必要です

高木石材の無縁供養墓石の保管供養場所についての詳細

来振寺内墓地保管場所

無縁墓石供養場所 この様な感じで並べてあります来振寺地図

お参りに行きたくなったら、行ってお参りも可能です (事前連絡必要です)

ご注意下さい

石店工場で細かく切られて捨てられる墓石 古いお墓を中に入れてしまった例
お墓を粗末に扱っている業者の例です

石材業者によっては無縁仏処分費をお客様から取っても
クラッシャー(石粉砕機械)で粉々にして捨ててしまったり不法投棄したりする石屋があります

竿石は故人の魂が宿っているといわれ無縁仏としても大切に供養されるものであります
このような扱いをされる業者もありますが、多々ある墓相学全てにおいて、お客さも業者も大凶とされています

当店では絶対にありえないことです

先祖のお墓を粗末に扱うと大変墓相に悪く工事をする自分たにも大変怖い事です
当店は、全ての墓石建立や改修などで出た無縁仏の設置をお客様に確認出来るようにしています

平成17年度よりホームページで全ての無縁供養の墓石の確認が出来るようになりました

ホームページを見てお墓の無縁供養をこんなにちゃんとやっている石屋はないと言う事で
TBS 噂の東京マガジンさんが取材に来ました  (平成18年3月2日)

 

お気軽にお問い合わせください。058-251-5433受付時間 9:00-18:00 [年末年始除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください